心揺さぶられるテンパイ外し!自分のためだけに打っていたネット雀士・朝倉康心が俺たちの英雄になった日【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

心揺さぶられるテンパイ外し

自分のためだけに打っていた

ネット雀士・朝倉康心が

俺たちの英雄になった日

文・ZERO【火曜担当ライター】2019年2月12日

 

対戦カードに「79/80」が並んだ。

そう今夜はXデー、レギュラーシーズン最終日。

どうしても注目を集めてしまうのはpiratesだ。

ファイナル進出となる4位に食い込むことができるのか。

4位、ドリブンズとの差は130.5pt。

46000点ちょっとのトップが2回必要で、ギリギリ現実的なラインと言える。

その注目の1回戦に朝倉康心が登板した。

彼は我らが天鳳界の希望の星である。

「天鳳」というのは、パソコンやスマホで麻雀をプレイすることができるオンラインゲームで、現在500万ID弱のアカウント登録があり、多くのプロもプレイしている。

オンライン麻雀ゲームとしては最高峰と言えるだろう。

朝倉はその天鳳の頂点に君臨する男なのだ。

麻雀というゲームの性質上、普通は

「あいつより俺の方が強い」

という声が出がちだが、朝倉に関しては誰もがその傑出した実力を認め「天鳳界の希望の星」という表現は誇張表現でもなんでもないのだ。

牌譜が残り、何千戦と打ったうえで成績が評価される。

特にその段位制度のシビアさは有名で、最後の試練である十段となると、

トップ+90 2着+45 3着±0 4着-180

というポイント配分になる。

1回ラスを引くと2回トップをとってもチャラ、というファミコン「スペランカー」を思い出させるような難易度だ。

これを2000ptからはじめて4000ptまでたどりつくと「天鳳位」になることができる。

(0ptになると九段に降段する)

筆者はこの「十段坂」に5回チャレンジしたが、5回とも全て失敗に終わった。

しかし朝倉は筆者よりも少ない対戦数で軽々と2回「天鳳位」を達成したのだ。

天鳳の歴史も長くなるが、2回達成したのは朝倉だけであり、私を含む全天鳳民からすれば朝倉は雲の上の存在なのだ。

天鳳で活躍を続ける朝倉を見て、我々は常々思っていた。

「朝倉がプロの世界に入り、トッププロ達と囲まれたらどうなるのだろうか」

そんな夢が1年のうちに具現化するとは誰が思っただろうか。

この日、業界の重鎮・土田浩翔プロが朝倉の選択を解説しているのを聞いて、感慨深くなってしまった。

さて、天鳳の紹介が長くなってしまったが、運命の1回戦をみていこう。

開幕、親の滝沢のリーチを受けた場面。

朝倉は山にいそうなを重ね、チートイツのテンパイ。

朝倉は待ちでリーチ。

ごくごく普通の選択に見えるかもしれないが、通常時の朝倉ならオリやダマの選択をとっていたかもしれない。

いくらテンパイとはいえ、滝沢がのトイツ落としをしての親リーチだ。

分が悪いのは明白で、巡目が深いことからオリのルートを残したくなる。

しかし、トップしか意味をなさないこの特殊な最終戦においては、打点を追うこととともに、親のリーチを蹴ることに大きな価値がある。それをわかっている朝倉は迷わず追っかけに踏み切ったのだ。

安全牌に窮した茅森からがこぼれ8000のアガリ。

先ほど紹介した天鳳の十段配分を見るとラス回避が重要であり、当然朝倉はラス回避の達人のように称されることが多い。しかし実は朝倉は生粋のゲーマーであり、いろんな状況で最善手を見つける対応の達人とも言えるのだ。

東2局1本場。

またしても親リーチを受けた場面。

現物はしかない。

朝倉は少考し、が3枚切れなのを見てを打った。

比較的マシな牌を打ちつつ、シャンテン数を維持する選択。

攻めの姿勢は崩さない。

次にツモってきたのは

ここでも朝倉はを押した。

この打は安全牌を開拓しつつ、イーシャンテンに取る選択だ。

次に厳しいと思った時に、とオリることができる。

それにしても気迫溢れる闘牌だ。

この気迫がシーズンの序盤から見られれば…と感じたのは筆者だけだろうか。

「主人公属性が足りない」

とは、朝倉の言葉だが、主人公になれる抽選を避けていた局面がたまに見られた。

例えば話題になった三軒リーチを受けてオリてしまったあの局。

私も記事に書いたが(下記クリックで参照)

熱論!Mリーグ【Tue】2019年1月15日

注意!これぞ“窒息の一局”園田、滝沢、近藤、朝倉の息詰まる抗戦

 

私はリスクよりもリーチ棒を含めたリターンの方が上とみて、リーチした方がよいように感じたが、朝倉が緻密に計算してオリを選択したのだから、朝倉の選択の方が正しいのだと思う。

ただ微妙な選択なら「エンタメ効率」を重視してやはりリーチ打った方がよかったのかもしれない、とは邪(よこしま)な考えだろうか。

あれをリーチして返り討ちにあっても、批判はされにくい。

リスクは限定的な一方で、アガるとリーチ棒やカン裏を含めた点棒的リターンや、4軒リーチという伝説の一局を制した男になれるという主人公的リターンを得ることができる。

当たり前の話だが、朝倉の頭の中には「エンタメ効率」など存在しない。

常にその状況下における損得のみで選択を下し、感情や外的要因によって揺れることは一切ない。

朝倉はどこまでも麻雀に対して真摯なのだ。

その朝倉が、今夜に限っては、気迫を前面に出し、感情を高ぶらせ、麻雀を打っている。

だからMリーグは面白い。

この局は茅森がツモアガリ。

朝倉の攻撃姿勢は続く。

東3局1本場。

またしても先制リーチを受けて安全牌に窮した場面。

朝倉はを打ち、3900の放銃。

1枚も安全牌はないが、端っこで2枚通るや、牌理的に通りそうなを選びそうなものだ。

ここまでアグレッシブな朝倉は初めて見るかもしれない。

続いて南1局

またまた先制リーチを受けた局面。しかも今度は2軒だ。

朝倉は、今通ったばかりのの筋を追ってを抜くと思いきや…

を切った!

これが茅森に5200の放銃。

朝倉としては42000点持っている親の滝沢にアガられてしまっては、最低限の条件であるトップが遠のいてしまう。自分のアガリを見つつ、茅森に打ってしまっても局消化で次善、という判断だろう。

この日に限り、2着以下の着順は関係ない。

オーラスの親に向け、できればトップ目で迎えたいところだが、それが叶わないならなるべくワンチャンスで追いつく点差にしておきたいところだろう。朝倉の目にはトップとの点差しか映っていない。

次の局

朝倉はここから打とした。

打点が欲しい状況でタンヤオを確定させたくなるが、が1枚打たれていてマンズが心もとない。

また、好形となる受け入れを増やすことで、ツモアガリ率が高まり、ツモの1ハンによって打点はついてくる。攻撃姿勢にはなっているけれど、冷静で柔軟な判断だ。

をツモって渋々リーチにいくも、横移動に終わる。

私にしては珍しく文量が多くなってしまったので、ここらで休憩を入れた方がいいかもしれない。

…ふう。

 

こうして、朝倉はレギュラーシーズン最後の親番を

このような点差で迎えることになる。

目下ラス目だが、先ほども言ったようにpiratesにとってはトップ以外なんの意味も持たない。

むしろトップまで16700点差とワンチャンスの位置につけていると言えよう。

ネットの世界から飛び出してきたシンデレラボーイは、これまでにないくらいの声援を受け、麻雀人生を賭けてこのMリーグに挑んできた。

ここでアガることができなければ…piratesの今シーズンは終了する。

運命の南4局

己の腕のみでのしあがってきた男が、今ばかりは神に祈るような目で、配牌を開いている。

赤とドラ受けはあるものの、なんとも評価しがたい配牌。

はたしてどうなるか…

と、思う間もなく

滝沢がをポンしてこの手牌。

メインはチャンタだが、トイトイや役牌の保険もあり、アガリは近そう。

一方の朝倉は…

6巡目だというのに、まだ一面子もできていない。

トップ目に軽い手が入り、ツモ番を飛ばされ、そしてその滝沢が下家なのだ。

(このまま終わってしまうのか…)

最善は尽くすものの、朝倉は絶望を覚えたと述懐する。

ただ、ここで、piratesにとって3つの幸運が重なった。

・白鳥は放銃するとラスになるので引き気味になったこと

・茅森も同様で、トップになるためにはハネツモ条件が必要であり、遅めの進行になったこと

・滝沢はツモが利かず、また引き気味に打つ脇のおかげで鳴けず、結果手が止まってしまったこと

絶望の状況から差し込んだ一筋の光。

運命の振り子はゆっくりとpiratesの方に振れていく…

そして

なんと一面子もできていなかった朝倉にテンパイが入った!

場を見渡すとピンズは安く(多く切られている)ツモアガリも十分期待できる。

絶望の淵で、手に引っかかったテンパイ。

これが最後のチャンスかもしれない。

次の瞬間に滝沢がを掴むかもしれない。

そして親だからこそ、どれだけリーチと言いたかっただろう。

そう。

しかし、朝倉は、

我らがASAPINは

 

!!!

我が子のように大事に育ててきたテンパイを、身を切る思いで再び放流したのだ!

ここで3900をアガっても次に好配牌が入る保証はどこにもない。

そして改めて手牌をみると、好形高打点になる変化があまりに多い。

 

 

 

マンガン・ハネマンまで十分に望める。

また裏目となるをツモってしまっても高めイッツーのフリテンリーチが打てる。

 

リーチの声が一手遅れてしまうリスクを背負っても余りあるリターン。

あらためて考えてみるとここはテンパイを外す一手だ。

しかし重圧のかかるこの場面で、テンパイ濃厚な滝沢に対し(実際はノーテンだが、河があまりにも濃い)焦りや勝ちたいという気持ちで心が揺さぶられていては、このテンパイ外しはできないだろう。

感情…ましてや「エンタメ効率」なんかに逃げず、常に損得と向き合い、正解を模索し続けてきた朝倉だからこそできる所業。

ちょっと前まで天鳳で研鑽しあった朝倉は、雲の上どころか、想像もつかないくらい大きな存在になってしまった。

嫉妬心?いや、嬉しいのだ。

天鳳出身の仲間がトッププロに囲まれて、十分すぎるくらいの戦いを魅せてくれている。

僕たちが思い描いた「夢」は今ここに具現化した。

心揺さぶられるテンパイ外し。

再び水中にダイブした朝倉が次にツモってきたのは…

だった。

朝倉はここで場を見渡して打

が良さそうなのと、チャンタorトイトイ仕掛けの滝沢にが切りづらい…という読みがあったのかもしれない。

しかし、神様が謎かけを問うように、次々と難しいところをツモってくる。

ツモ

また状況をリセットし、推理を巡らせる。

滝沢の役は何か?

滝沢の捨て牌は

仕掛けて以降、ずっとツモ切りで、さきほどを手出ししたところだ。

その打

「イーシャンテンがテンパイした」か

「イーシャンテンがより十分形のイーシャンテンになった」か

…だが、前者の可能性が高そうだ。

は朝倉自身が切っており、当たりということは少なさそう。

は?…ピンズは本当にいいのか?

何度も繰り返しこのシーンをみたが、どのような思考があったかはわからない。

朝倉が紡ぎ出した選択は…

 

 

だった。ともすれば迷宮入りしてしまいそうな手組。

滝沢に危険なマンズの上…をキャッチしたいという意図があったのかもしれない。

こうして朝倉はようやく

一度手放したテンパイにたどり着いた。

ちょっと切りづらいと感じていたを重ねての待ち。

 

 

ここまで鬼気迫る朝倉の表情ははじめて見る。

あまりの迫力に周りはオリるしかない。

運命のは脇に流れていく…

ツモる手に力が入る。

「ツモ」

万感の思いで発声する朝倉。

裏ドラも乗って4000オール。

次の局、南4局1本場

最初のツモを見る前に、一度大きく息を吐き、気持ちを落ち着かせる朝倉。

そうだ、まだまだpiratesの航海は終わっていない。トップは最低条件であり、2戦目の条件が緩くなるようにできるだけ大きなトップがほしいのだ。

4巡目。

朝倉はここでドラのを放した。

は滝沢が2巡目に切っている。滝沢はアガリトップなので絶対的に速い、というわけではないだろうが、ある程度は整っていそうであり、速度を合わせにいった格好だ。

滝沢がをポンしてタンヤオ仕掛け。

すると白鳥と茅森は引き、そして朝倉はなかなかテンパイしない。

さきほどと同じような状況になってしまった。

滝沢はpiratesが厳しい状況というのをわかっていても一切手を緩めないし、白鳥や茅森も自身の着順上昇を狙って甘く打たない。

解説の土田が

「助演男優賞をあげたい」

と言っていたくらい、名勝負の陰ではわき役に徹している人がいる。

さて、テンパイも怪しくなってきた朝倉。

ツモ番あと2回を残してツモり四暗刻のイーシャンテンになった。

ここで朝倉は

四暗刻を狙うというよりは、が3枚見えていて受け入れ枚数がそう変わらず(ポンを含めると逆転する)仕掛けている滝沢にと切ってより少ない筋でテンパイしよう、という選択だ。

滝沢の手はコチラ。

先ほどの朝倉の手牌からを選んでいたら滝沢は鳴いてテンパイを入れていた。

それはたまたまだが、この鳴かせなかったことによって

ギリギリの、本当にギリギリのテンパイを入れた。

ツモ番はもうないが…

リーチ。万に1つだが手に窮した滝沢が打ってくれるかもしれない。

1人テンパイで迎えた次局。

ようやく先制できるテンパイが入った。

打点十分のペンリーチ。

はかなり良さそうにみえ、実際山に3枚いる。

ものすごい形相でツモりにいく朝倉。

「迫力ありますねーこわいわー」

解説・土田もたじたじの迫力だ。

天鳳民の注目を背負い、

piratesファンの夢を乗せ、

家族や仲間の期待を胸に、

力を込めてツモる朝倉。

数年前まで、部屋に1人で、自分のためだけに天鳳を打っていたネット麻雀雀士は、今や多くの人の思いを乗せて闘うようになった。

あの冷静な朝倉が、ここまで感情をあらわにして打っている姿を見て、なぜか涙腺が緩んでくる。

しかし、無情にもは脇に流れ、流局した。

次局、白鳥がラスから3着になるタンヤオをアガリ、朝倉の戦いは幕を閉じた。

朝倉は35700点のトップで2回戦の小林にバトンを渡した。

小林も今までにみせたことのない面持ちで打っていたが、及ばず3着。

piratesのファーストシーズンは5位という結果に終わった。

10月に開幕したMリーグ。

短かったようで、いろんなことがあった。

全てのチームが天国と地獄を行き来するような、そんなスリリングな展開だった。

最後の最後、冷静な朝倉の魅せた人間味が、Mリーグの魅力を集約していると言えるのではなかろうか。

麻雀に人生を賭けた者たちが、本気でぶつかりあう。

脚本はなくとも、奇抜なルールや演出を用意せずとも、そこには必ず極上のドラマがあらわれる。

3月の土日から始まるファイナルシリーズは、全てが直接対決であり、さらに熾烈な戦いになるだろう。

歴史的なMリーグの初年度に、観戦記者として立ち会えて本当に幸せを感じた。

また皆さんの前になんらかの形で関われることを祈って、レギュラーシーズンの観戦記の最後としたい。

これまでの叱咤激励、本当にありがとうございました!

 

ZERO(ゼロ)

麻雀ブロガー。フリー雀荘メンバー、麻雀プロを経て、ネット麻雀天鳳の人気プレーヤーに。著書に「ゼロ秒思考の麻雀」。現在「近代麻雀」で『傀に学ぶ!麻雀強者の0秒思考』を連載中。

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

大好評発売中!!!!

 

(C)AbemaTV