心揺さぶられるテンパイ外し!自分のためだけに打っていたネット雀士・朝倉康心が俺たちの英雄になった日【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

心揺さぶられるテンパイ外し

自分のためだけに打っていた

ネット雀士・朝倉康心が

俺たちの英雄になった日

文・ZERO【火曜担当ライター】2019年2月12日

 

対戦カードに「79/80」が並んだ。

そう今夜はXデー、レギュラーシーズン最終日。

どうしても注目を集めてしまうのはpiratesだ。

ファイナル進出となる4位に食い込むことができるのか。

4位、ドリブンズとの差は130.5pt。

46000点ちょっとのトップが2回必要で、ギリギリ現実的なラインと言える。

その注目の1回戦に朝倉康心が登板した。

彼は我らが天鳳界の希望の星である。

「天鳳」というのは、パソコンやスマホで麻雀をプレイすることができるオンラインゲームで、現在500万ID弱のアカウント登録があり、多くのプロもプレイしている。

オンライン麻雀ゲームとしては最高峰と言えるだろう。

朝倉はその天鳳の頂点に君臨する男なのだ。

麻雀というゲームの性質上、普通は

「あいつより俺の方が強い」

という声が出がちだが、朝倉に関しては誰もがその傑出した実力を認め「天鳳界の希望の星」という表現は誇張表現でもなんでもないのだ。

牌譜が残り、何千戦と打ったうえで成績が評価される。

特にその段位制度のシビアさは有名で、最後の試練である十段となると、

トップ+90 2着+45 3着±0 4着-180

というポイント配分になる。

1回ラスを引くと2回トップをとってもチャラ、というファミコン「スペランカー」を思い出させるような難易度だ。

これを2000ptからはじめて4000ptまでたどりつくと「天鳳位」になることができる。

(0ptになると九段に降段する)

筆者はこの「十段坂」に5回チャレンジしたが、5回とも全て失敗に終わった。

しかし朝倉は筆者よりも少ない対戦数で軽々と2回「天鳳位」を達成したのだ。

天鳳の歴史も長くなるが、2回達成したのは朝倉だけであり、私を含む全天鳳民からすれば朝倉は雲の上の存在なのだ。

天鳳で活躍を続ける朝倉を見て、我々は常々思っていた。

「朝倉がプロの世界に入り、トッププロ達と囲まれたらどうなるのだろうか」

そんな夢が1年のうちに具現化するとは誰が思っただろうか。

この日、業界の重鎮・土田浩翔プロが朝倉の選択を解説しているのを聞いて、感慨深くなってしまった。

さて、天鳳の紹介が長くなってしまったが、運命の1回戦をみていこう。

開幕、親の滝沢のリーチを受けた場面。

朝倉は山にいそうなを重ね、チートイツのテンパイ。

朝倉は待ちでリーチ。

ごくごく普通の選択に見えるかもしれないが、通常時の朝倉ならオリやダマの選択をとっていたかもしれない。

いくらテンパイとはいえ、滝沢がのトイツ落としをしての親リーチだ。

分が悪いのは明白で、巡目が深いことからオリのルートを残したくなる。

しかし、トップしか意味をなさないこの特殊な最終戦においては、打点を追うこととともに、親のリーチを蹴ることに大きな価値がある。それをわかっている朝倉は迷わず追っかけに踏み切ったのだ。