日向藍子、 怒濤の逆転で うれしい初勝利!!




日向藍子、
怒濤の逆転で
うれしい初勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の12日目第1戦は日向藍子(渋谷ABEMAS)がトップを獲得。一時は沢崎が6万点オーバーのダントツ状態だったが、日向の親ハネマンや滝沢のヤミテン直撃などで沢崎を引きずり落として、日向が待望の初トップを獲得した。

1回戦の対局者は、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(日本プロ麻雀連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)そして日向

東1局2本場、沢崎が仕掛けてタンヤオドラ3・赤1のマンガンをツモってまずは先行する。

東3局、その沢崎が親番でさらに加点する。リーチ・ツモ・タンヤオピンフ・ウラ1の4000オールで大きなリードをものにする。

更に次局、沢崎はリーチ・ツモ・ドラ1・赤2・ウラ2の6000オールをアガッてダントツ状態になり、焦点は2着争いに移ったかに思われた。

そこに名乗りを上げたのが日向。東4局3本場、リーチ・ツモ・ピンフサンショク・赤1の3000・6000で単独2番手に浮上する。

さらに南2局2本場、日向は親番でリーチ・ツモ・ドラ3・赤1の6000オールのツモアガリ。

南3局は、滝沢と沢崎のリーチ合戦。沢崎がで放銃。リーチ・ダブ・ドラ1・ウラ1のマンガンをトップ目から直撃し、沢崎は日向とマンガンツモで着順が変わる点差にまで詰め寄られる。

さらにオーラス、滝沢が沢崎からダマテンを討ち取る。三暗刻の9600点を直撃し、ついに沢崎が微差ながらトップの座を日向に譲る。

同1本場、さらにさらに滝沢が沢崎から直撃。・ドラ1・赤1のヤミテン、7700点。

結果日向がトップで終了、うれしい初トップをものにした。

勝利者インタビューで日向は「オーラス、アガればトップなんですけど皆さんテンパイしてそうで引けなくて、ジリジリととても緊張しました。選手としてこの舞台に立てることが本当に幸せですと初トップの喜びを語った。

【Result】

1着 渋谷ABEMAS・日向藍子 4万3700点/+63.7
2着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠 2万9300点/+9.3
3着 EX風林火山・滝沢和典 2万2900点/▲17.1
4着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未 4100点/▲55.9

【Total】

1位 EX風林火山 +135.2(11/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +128.8(11/90)
3位 渋谷ABEMAS +119.0(11/90)
4位 TEAM雷電 +38.2(12/90)
5位 セガサミーフェニックス +31.1(11/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲79.9 (12/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲145.2(12/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲227.2(12/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月18日の対戦は
大和証券Mリーグ2019フェニックスvs風林火山vsABEMASvsサクラナイツ

キャスト

キャスト
セガサミーフェニックス
EX風林火山
渋谷ABEMAS
KADOKAWAサクラナイツ
実況:松嶋桃
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2019フェニックスvs風林火山vsABEMASvsサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする