高宮まり、大振りバイマン一閃!! ファイナル初トップ!!

高宮まり、
大振りバイマン一閃!!
ファイナル初トップ!!

3月31日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その最終日1回戦は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
ファイナル最終日に、自身の初トップを飾った。

対局者は、
EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)、
赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、
そして高宮。

並びは、村上・二階堂・松本・高宮。

開局、高宮に大物手が炸裂する。
リーチ・ピンフ・メンホン・一気通貫という弩級の手。
首尾よくツモアガって、高宮が倍満の先制パンチを決める。

東4局1本場は、高宮と二階堂のリーチ合戦。
待ちVS待ちというソーズ対決は高宮に軍配が上がる。
二階堂が放銃して、リーチ・タンヤオ・赤1・ウラ1の親マンガン。
これで高宮が盤石のトップとなる。

高宮はオーラスも自力でアガりきり、ファイナル初トップを決めた。

高宮は勝利者インタビューで、
「とりあえず腕を振ってこい、といわました。トップを目指した先に順位があると言われて、その通り打てたらいいなと思ってました」と語った。

【Result】
1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(日本プロ麻雀連盟)5万2700点/+72.7
2着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)2万4800点/+4.8
3着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会) 1万7800点/▲22.2
4着 EX風林火山・二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟) 4700点/▲55.3

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +599.9(22/24)
2位 EX風林火山 +209.8(22/24)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲221.9(22/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲309.3(22/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」