Mリーグ2018ベストオブ【茅森早香】〜21人のMリーガー名場面集〜

Mリーグ2018

ベストオブ【茅森早香】

21人のMリーガー名場面集

文・masasio

 

「プロスペクト理論」

というものがある。

株やFXなどを行っている方は耳にしたことがあるのではないだろうか。

難しいことは私にも分からないが、簡単に言うと―

人は、利益を得る場面では「確実に手に入れること」を優先し、逆に、損失を被る場面では「最大限に回避すること」を優先する。

というものだそうだ。

例を出すと

質問1

A.無条件で100万円もらえる

B.じゃんけんで勝ったら200万円、負けたらゼロ(あいこはもう1回)

 

質問2 200万円の負債があるとして

A.無条件で100万円負債が減る

B.じゃんけんで勝ったら負債は無しになるが、負けたらそのまま

 

この二つの質問はどの選択も期待値は100万円で変わらないのだが、質問1だとAを選ぶ人が多く、質問2だとBを選ぶ人が多くなるそうだ。

なるほどそう言われてみればそのような気もする。

人間というのは曖昧なもので、期待値が同じでも、得するか損するかで感じ方が違うようだ。

麻雀というゲームは局面局面に応じて、損得を正確に判断して選択することが求められる。

ただし、プレイヤーも人間。

難しい局面では正確な判断を欠いてしまうこともあるだろう。

麻雀というゲームは人間にとって実に厄介なものなのだ。

今回は、心理的に判断を誤りそうな局面にもかかわらず、正確な選択をして、見事にアガリ切った局面を紹介したいと思う。

今回紹介するのは・・・

 

天才、茅森早香!!

 

1月11日第2戦

東1局

まずは園田が遠いところから仕掛ける

お馴染みの遠いところからの仕掛けだが、今回はドラが

123の三色をメインに、ドラ重なりを見る。

ドラがだけに他家にとってもかなりやりづらいだろう。

見事に1番乗りでテンパイ


他家には特に仕掛けもない。

自然にドラのを切ってテンパイに取った。 

そのを茅森がポン!

ポンテンで待ちのマンガン。

これはチャンス!

さらに次巡赤を持ってきてハネマンに昇格!!

あれ?

 

なんとをツモ切った。

そう思い出していただきたい。

この時園田の手は・・・

 

この記事のタイトルとURLをコピーする