刮目せよ!超悪配牌から条件を満たす手を練りあげた、“魔術師”園田賢の手順を【Mリーグ2020観戦記2/4】担当記者:ゆうせー

刮目せよ!超悪配牌から

条件を満たす手を練りあげた

“魔術師”園田賢の手順を

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年2月4日


1試合目

東家 園田賢(赤坂ドリブンズ)

南家 堀慎吾(KADOKAWAサクラナイツ)

西家 藤崎智(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

北家 和久津晶(セガサミーフェニックス)

解説 萩原聖人 実況 日吉辰哉

東1局

開始直後から堀が魅せる。

門前ならタンピンドラドラ高目三色のイーシャンテン。堀は5巡目、場に1枚目のをリャンメンでチー。のテンパイを入れる。

が2枚ずつ見えている。そして牌の機能からも、3900になるより8000となるの方が打たれやすい。の引きもあるし、無論3900でも悪くない。

直後に藤崎からが出て、目論み通りのタンヤオ三色ドラドラ8000の出アガリ。

平然と大胆なことをやってのける選手、堀慎吾がまずは機先を制した格好となった。

東2局

その堀。このからソウズの世界へと旅に出る。

もちろん計画は練られている。上家の園田がのポンをしていて、このあともソウズが降りてくる算段が立つわけだ。

結局、最終形は、

 

チー チー  チー

チンイツテンパイ。アガれこそしなかったものの、園田も含めて全員をオロして一人テンパイで親番をキープすることに成功する。 

東2局1本場

親番の堀が5巡目にリーチを宣言。

その勢いを止めに入ったのは和久津だった。

無筋のに続いて、7巡目にはドラのも勝負。上の画像の現物待ちのテンパイを入れる。

これを藤崎からでアガって、タンピンイーペーコー赤の8300。会心のアガリとなった。

東3局

親番の藤崎が、中盤にチートイツドラドラ赤、大物手のテンパイを入れる。

リーチをかけて2副露している堀との真っ向勝負を選んだが、残り2枚の南は園田と和久津のところへ。一人テンパイでの流局。藤崎にとっては悔しい結果となった。

東3局3本場

その藤崎。和久津と園田の2軒リーチを受けて打

和久津は切りリーチだ。園田はドラ表示牌を和久津のリーチ一発で合わせていなかったため、の形は考えにくい。チートイツイーシャンテンをキープするのと合わせて、ひねり出した一打だ。

しかし、このが園田の

の待ちに一発でつかまってしまう。

リーチ一発ピンフ、藤崎から園田へ3900は4200の放銃。

現物がないとはいえ、無筋と、同じく無筋のドラのが両方浮いたチートイツでは、勝負するのは厳しいように感じる。また、はシャンポンなどの愚形も否定されていないので、ここはのトイツ落としが良かったように思うのだがどうだろうか。

東4局

終盤、和久津にテンパイが入る。の待ちだが、の手変わりとダマでの出アガリの両にらみでヤミテンに構える。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!