初陣のアマゾネスは本能で戦ったのか⁉︎ 和久津晶に見た失望と希望【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO




先引っ掛けの打にこの打

「オーラ打ち」

と言われる多井の戦略。

親である自分が注目されることを活かしての選択なのだ。

結局理想通りの3面張となって1000オールの滑り出し。

このアガリで多井にスイッチが入ったのか

6000オール、2600オールと立て続けにアガって5万点台に。

3本場…

多井はこの手牌から…をアンカン…

…せずに河に放った。

平たい場だったらカンをしていたかもしれないが、55700点というリードがあるがゆえの選択に見えた。

多井に点棒を持たせると本当にしぶとい。

親の落ちた次の局もそうだった。

ピンフのみのテンパイを果たした多井。

はほんのりと良さそうに見えるし、今のところ誰も早そうなサインは出ていない。

私ならリーチといってしまいそうだが…

多井は静かにを縦に置いた。

すぐに和久津からリーチが掛かる。

多井は一発で

無筋のをツモってきて…

すっとを抜く。

(和久津さんどうぞMリーグ初アガリを決めちゃってください)

とでも言いたそうな表情だ。

一方でこのリーチを受けた村上の選択が凄かった。

イーシャンテンだった村上は、和久津のリーチに通ってないを掴むも、

・自分の手牌が素晴らしく

・ラス目の親

のワンチャンス

ということもあり

をプッシュ。その後もをプッシュ。

さらに萩原から追っかけリーチが入り…

を掴む。オリたい場面だが共通安全牌もない。

強いて言うならが和久津の現物で、追っかけの萩原の筋だ。

静止画だと魂の抜けたおっさんのように見えてしまうが、村上は首を回して考え、決断した。

を打ち抜いたのだ。は萩原には通りそうな牌だが、和久津には通っていない。

実はこのときにを切ると…

なんと萩原のドラアンコカン待ちにぶち刺さっていたのだ!

萩原の1打目にが切ってあり、はかなり通りそうで、切っても全くおかしくはない。

しかし、村上のようにを和久津に対して通しておけば、次にテンパイしたときに本手のリーチが打てるし…今回のように

無筋()を掴んだときは、連打でオリることができる。

村上はを抜いた。

しかし、私が凄いな―と思ったのは次の巡目だ。

が通った後にそのをツモってきてアンコになった場面。

この記事のタイトルとURLをコピーする