守りきれるか親ハネ貯金…屈強な猛者たちに囲まれ岡田紗佳が見たものは⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO

8巡目にオタ風のドラを切って北家に鳴かれる確率は10%を切る。他家はもっと低い。

(参考→竹書房「知るだけで強くなる麻雀の2択より」)

仮に鳴かれたとしても、そこから対応すればいい。

(鳴いて捌くなり、を切ってオリるなり、対応しやすい手牌である)

たしかに、を切ることにもリスクはあるが、同時にを切らないことによるリスク(自身のアガリ逃しによる他家のアガリ、特に親の連チャン)も大きいのだ。

…いつか、誰かに追いつかれてしまう。

打点を作って一撃を狙う近藤。

読みを使ってギリギリまで押してくる勝又。

感性と心中して突っ込んでくる前原。

Mリーグだからどのメンバーと同卓しても厳しくはあるが、それにしても今夜のメンツは打点力が高く、一筋縄ではいかない相手が揃っている。

…しかし、岡田の守備寄りの選択が功を奏したのかもしれない。

さきほどのドラのを切らなかった局の顛末は…

近藤が渾身のドラタンキリーチ。

(切り遅れる。これもリスクの1つと言える)

しかしその近藤から

親の勝又が12000点のアガリ。

たしかに3人の大鉈は目の前でぶんぶんと振るわれている。

しかし、岡田の鼻先を掠めるだけで、3人でやり合ってくれているのだ。

展開が向いている。

東2局 勝又 500・1000

東3局 勝又←前原 2600

東4局 勝又←近藤 12000

同1本場 前原 2000・4000

南1局 前原←勝又 1000

ここまでは開局の「親ハネ貯金」を守ったまますすめることができた。

そして南2局

岡田はこの手牌で…

前原から打たれたをポン。

そして

を切らずに切り。

これはコバゴーの手筋!

真ん中ばかりの手牌でパンパンに構えると3人の誰からリーチがかかっても手詰まってしまう。かといってこの手牌でポンするのとしないのでは速度の差が大きすぎる。

ポンしないのはアガリが遠のくし、ポンしてを切るのも危険すぎる。

「ポンしてを切る」という唯一無二の手筋で1局潰すことに成功した。

さぁあと2局だ。

まずはすぐに

岡田がをポンしてテンパイ。それをみた勝又が

ポンで応戦する。

これは「機を見るに敏」という反応だと思う。

岡田を牽制しつつ、上家の近藤にも打ちづらくさせ、自分の手も進める非常に合理的なポンだ。

岡田はなかなかアガれない。

そうこうしているうちに

勝又にもテンパイが入る。

両者にアガリが出ないまま…

前原からもリーチ!

それを受けた岡田…

を掴む。やはりというか

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!