オーラスの惨劇!Mリーガーを破壊する「マムシの沢崎」の猛毒【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

このを優しくツモったのは親の滝沢。

リーチツモ三暗刻の4000オール!瑞原とは大きく差をつけた1着目に躍り出る。

負けていられないのは捲られた瑞原だ。

単騎のヤミテンを選択して、単騎でリーチと出た。

私の目から見たら、がそれほど悪い待ちにも見えないし、良い待ちにも見えない。

瑞原の思考としてはこの手牌を1600点でアガリたくは無かったのではないか。七対子はリーチしてツモれば1600-3200点にもなる高い役。

さらに裏ドラも乗れば3000-6000まで見込める。手ごろな19字牌を引けば即リーチをすると決心していたのだろう。

滝沢がここでのワンチャンスのを切り放銃!

瑞原の手牌。どこからどう見てもタンピン系の捨て牌でヤオチュー牌(19字牌)が通りやすそうな手牌に見える。

しかし、通りやすい牌が当たるのもまた麻雀。

さらに裏ドラも乗せ、8000の直撃!一撃でトップ逆転!

七対子は裏ドラが乗った時に必ず2枚乗るのが凄く嬉しい所だ。

南3局は村上がピンフツモで軽く流し、オーラスを迎えた。

オーラス

瑞原がさぼらずにポン!

滝沢は僅か二千点差の二着目。捲ることはさほど難しくない条件だ。自分の手牌も微妙だが、黙って観ていても展開でトップになることは決してない。

微差の時は自分がアガってトップを決めなければいけない。

しかし、親の沢崎がテンパイ!

このメンタンピンドラ1のリーチ!沢崎の手牌がここまでまとまっていて、さらには打点も付いているとは…瑞原にとっても悔しい誤算だ。

瑞原がカンテンパイで沢崎のロン牌のを打つ!安全牌も無い中でこのテンパイを果たしたらしょうがない!

むしろ打たないほうが間違っている。

メンタンピンドラ1の12000点!さらに沢崎はラス脱出。この展開をホっとしたのは2着目の滝沢ではないだろうか。

流局を挟んで南4局2本場

沢崎が手牌に猛毒を仕込む、

を残して打ピンフ一盃口まで見るのならばは残したい手牌。沢崎はここでテンパイ効率ではなく、アガリの効率を見たのではないか?

この手牌、まずリーチは打てそうだが出アガリが出来るかどうかは別問題。1枚切れのぐらいは通る…。という選手心理を逆手に取った最高の待ちになる。

滝沢がカンをチー!

さきほど瑞原が行った仕掛けを今度は滝沢が行う。自分が仕掛けてアガリ切る!という強い意志が打牌のトーンにも表れていた。

ここで沢崎が自身の狙い目に絞った単騎でのリーチ!降り打ちを狙うには最高と言っても良い待ちだ。

しかしこれに屈さないのが滝沢。

リーチの一発目にドラ勝負!滝沢に撤退の二文字は存在しない。

この手牌は沢崎のリーチを十分にかわし切れる手牌だと感じている。

しかし、滝沢以上に粘りたい打ち手がもう一人いた。ラス目の村上だ。このままラスで終わるわけにはいかない。

この赤赤の逆転できる手で打。沢崎に放銃。字牌が当たりそうに思えず、自分の手が勝負手になってしまった。これは仕方ない。

裏ドラこそ乗らないものの4800点のアガリ!さらに沢崎は次局、

このリーチツモドラ1裏3の6000オールをアガりゲームセット!オーラスで僅か5000点しかもっていなかった沢崎がトップになるのだから麻雀は面白い。

対局後のインタビューで

「60000点持っていて2着になるんだから、5000点で1着になることもありますよ」

という余裕の発言をしていてこの男の底力を思い知った。

ドラマを見せてくれた今日のMリーグ。明日はどのようなドラマを見せてくれるのだろうか?今からワクワクが止まらない。

サクラナイツサポーターも恐ろしい男を味方にしたものだ。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!