石橋伸洋、 家族の期待に応える初トップ!! 全部トップ取るつもりで優勝を目指す!!




石橋伸洋、
家族の期待に応える初トップ!!
全部トップ取るつもりで優勝を目指す!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の16日目第2戦は、石橋伸洋(U-NEXT Pirates)がトップを獲得。石橋は3戦目にして初勝利。チームはマイナスしているが、石橋個人はトップ1回、2着2回と好調な滑り出しをみせている。

2回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(日本プロ麻雀連盟)そして石橋

開局、リーチ・ツモ・ウラ2のマンガンで石橋がリードするも、園田が3連続アガリで逆転。園田トップ、2着石橋で迎えた南1局1本場。

ドラのをアンコにした石橋が、1つ仕掛けてトイトイのテンパイ。これを園田から討ち取って再び石橋がトップ目に復帰する。

そして南3局の石橋の親番。ドラのをポンして待ちの12000点テンパイ。石橋がをツモって4000オールのアガリを決める。これで他家を一歩退けることに成功する。

同1本場、親番のない園田と勝又が2着争いに焦点をシフトして食い仕掛ける。しかし石橋にピンフ・高めイッツー・ドラ1・赤1のテンパイが入り、石橋はダマを選択。これに勝又が高めのを放銃。この12000点がダメ押しとなり、石橋が今期初トップを獲得した。

勝利者インタビューで石橋は「1・2戦目ともにトップを取れそうなところからの2着だったので、まずはトップを取れてホッとしています。僕は小林(剛)さんと違って気合満点で、全部トップ取るつもりで打ってます(笑)と喜びをにじませながら語った。

【Result】
1着 石橋伸洋・U-NEXT Pirates 5万3400点/+73.4
2着 沢崎誠・KADOKAWAサクラナイツ 2万6400点/+6.4
3着 園田賢・赤坂ドリブンズ 1万7000点/▲23.0
4着 勝又健志・EX風林火山 3200点/▲56.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +180.3(16/90)
2位 セガサミーフェニックス +92.2(16/90)
3位 EX風林火山 +65.6(16/90)
4位 渋谷ABEMAS +44.6(16/90)
5位 TEAM雷電 +19.9(16/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲34.8(16/90)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲125.4(16/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲242.4(16/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月25日の対戦は
大和証券 Mリーグ Pirates vsドリブンズvs風林火山vsサクラナイツ

キャスト

U-NEXT Pirates
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
実況:松嶋桃
解説:松本吉弘
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ Pirates vsドリブンズvs風林火山vsサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする