ちょっと話題の女流プロ雀士・田渕百恵にコラムを書かせてみたら、どうしようもない○○だった…。【百恵ちゃんのクズコラム】VOL.1

ーーさて、女流プロとしてブログを開設したのには理由があった。
現在は最高位戦日本プロ麻雀協会本部所属であるが元々は最高位戦北海道本部所属だった。上京し本部所属となったことでひとつ悩み事ができた。
それは外ヅラが良すぎて『いい子』として認識されてしまったことだった。
いいことではないか、と思う人がほとんどだろう。しかし百恵ちゃん生粋のクズなのである。 クズがクズであることを隠していくことがどんなに心苦しいことか。百恵ちゃんはあらゆることをサボ りたいのである。

しかし『いい子』として認識されてしまうとサボりづらくなるなるのだ。そこで考えついたアイデアが

百恵ちゃんのクズっぷりをブログに書いて世に広めよう』

だった。効果は抜群だった。当然である。
本当にクズだからだ。

クズを作り上げたクズ達

百恵ちゃんだってなにも初めからクズだった訳ではない。ただ家族、親戚、幼馴染み、幼馴染みの家族、そして飼い犬までが総じてクズだったのだ。いわばクズの英才教育を受けてきた人間が真面目に育 つわけがなく立派なクズが完成した訳である。
そしてこのタイミングでカミングアウトをさせていただきたいことがある。いかにクズ一家であるかを紹介するためには必要なのである。

父、母、姉、百恵ちゃんの4人で構成されていた田渕一家であったが昨年姉が離婚したことにより、離婚率が150%を越えたのである。 『数学って知ってる?』と言われそうな数字だが何度も計算したので間違ってはいない。父2回、母1 回、姉2回、そして百恵ちゃん1回。そう、百恵ちゃんはバツイチなのである。

人と生活することに向いていないことを知りながらも簡単に結婚し、川の流れの様に離婚していく一家。それが田渕家なのだ。もしも全日本クズファミリー選手権なるものがあるならば 我々はなかなかいいところにいける、と自負している。
そんな個性派揃いの田渕家を簡単に紹介していきたい。

父 コージ:元陸上自衛隊幹部高卒ながら佐官まで登り詰めるも「髪型が奇抜すぎる」という理由で100年に1度あるかどうかの異動の内示取り消しをされた経験がある。現在は三度目の暖かな家庭を築いている。

・母 イクコ:美容師。美容室を自宅で開業するもパチンコにハマり開店休業状態を約20年続けた猛者。おそろしいほど料理が下手。ツーブロックにしたことがある。近況を知らせる連絡では年下のペンキ屋さんとお見合いをしたらしい。

・姉 タエ:無職。1度も定職に就いたことがなく家賃を滞納してはクビが回らなくなりお父さんに払ってもらいに帰ってく るお調子者。過去に大きな交通事故に遭いウン百万円もの保険金を手にするが全てホストクラブに費やした経験がある。

・エリー:田渕家の飼い犬。詐病のプロ。足をひきずったり弱ったふりをしては人間に甘やかしてもらう。動物病院で『至って健康』という診断をされるとそれまでの弱りっぷりを忘れ、凛々しい顔で帰ってくる。趣味は父の顔に噛みつくこと。オスだが思いつきでエリーと名付けられた。

以上が百恵ちゃんを作り上げた兵器たちである。

そんな百恵ちゃん一家の……

 

次回へ続く……!!!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!