仲間への思いを胸に『ミスター木曜日』白鳥翔、逆転の四暗刻単騎【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

大物手を逃した後の南3局1本場

なんかすっごい手が入っている。

ドラドラ赤であっさり満貫クリア、ハネ満も容易に目指せる手だ。至難の業ではあるが、小林から直撃を取れればトップも目指せなくはない。

そして、この手が順調に伸びる。いや、伸びすぎる。

もう一回こんな手入るんかーい!

6巡目の引きで暗刻が3つ。なんとまた四暗刻が現実的に見える牌姿になった。

ここで白鳥は選択を迫られる。

有力な打牌候補はか。

手広いのは打ちだ。と3メンチャン受けが二つ残る超好形のイーシャンテン、引く牌によっては四暗刻まで見えるが、引きでのシャンポン待ちなど、あまりうれしくないテンパイとなる可能性もある。

一方でを打てば、ピンズ周りでのテンパイを完全拒否する形になるが、引きでツモり四暗刻、そしてを引けば高め四暗刻単騎の3メンチャンという未来もある。

ここで白鳥は、いつも自分の背中を後押ししてくれるチームメイトの顔が頭をよぎったという。

仲間の期待に応えるならば・・・

白鳥はを河に置いた。アガリ逃しも覚悟し、最高形を追った一打だ。

道中、いったんはこの選択が裏目に出る。8巡目にツモ切ったは、を残していればテンパイしていたはずの牌。さらに次巡に引いたは、ツモ・三暗刻・ドラ3赤というハネ満のアガリ牌だった。

しかしもう、信じた道を行くのみだ。は当然のカン、ツモ抽選を1回増やす。

リンシャン牌はツモ切り。次巡、白鳥の盲牌が深い。隙間から見えるのは竹の柄・・・

だ!打待ち、

高目なら四暗刻単騎だ。

白鳥はをそっと縦に置く。高目が中スジになった。リーチをかけなかったのは、安目ツモでも倍満な上、2着浮上となる出アガリ12000(タンヤオ三暗刻ドラ3赤)も取り逃したくない、という判断か。

は何と山に3枚。そして直後に小林がつかんでしまう。

流石にこの形では止まらない!

「止めれないよ、止めれない~!!」

「うわぁ~!!」

実況の日吉辰哉、解説の近藤誠一(セガサミーフェニックス)の叫びがシンクロする。Mリーグ史上初となる、四暗刻単騎成就の瞬間。恐らく、モニター・テレビの前のみなさんも大なり小なり同じようなリアクションだったのではないだろうか。

比べて、役満を直撃されて大トップ目から一瞬で転落した小林の、この表情。本当に、目先の結果だけでは揺れない男である。内心がどうかは分からないが、「はい」の声は普段と変わらぬように聞こえた。

なお、日吉さんは直後に白鳥を「ミスター木曜日」と称していたが、筆者の観戦記からの引用であったならちょっとうれしい。

 

最終局は勝又が小林から1000点を出アガリ、前局まで6万点近い点棒を持っていた小林は、結局3着でこの試合を終えることとなってしまった。

放銃牌はまたしてもだった。

これで白鳥は、木曜日の試合で5戦5勝である。まさに「ミスター木曜日」の面目躍如だが、連闘で臨んだ次戦で、流石に連勝は途切れた。ただ、オーラスで着順を上げての2着なので、気分は決して悪くはないだろう。また、これで妙なプレッシャーを感じずに打てるようになる、ということもありそうだ。

そもそも彼は、木曜でなくても強いのだ。なんせ、この日を終えて300ポイント近い勝ちを積みあげているのだから。今や個人成績トップに立ち、Mリーグを牽引していると言っても過言ではないのが、このホワイトスワンである。

渋谷ABEMASの年内最終戦は12月19日の木曜日。となれば、おそらく白鳥が出てくるだろう。木曜日に勝つ世界線はどこまで続いているのか・・・さあ、次回も注目してみよう。

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!