黒沢咲、セレブ打法で4勝目!! 土俵際で堪えきる!!

黒沢咲、
セレブ打法で4勝目!!
土俵際で堪えきる!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の50日目第1戦は、黒沢咲TEAM雷電)がトップを獲得。

序盤にリードを築き、堅実に守っていた黒沢だが、ラス親の松本にメンホン・チートイツ・ドラ2の18000を放銃し、あわや着落ちかと思われた。一時松本に逆転されるも、ラス親の松本がハネマンの親被りで再逆転。黒沢が、薄氷を踏む思いの4勝目を獲得した。

1回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ丸山奏子KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎渋谷ABEMAS松本吉弘、そして黒沢。

開局1本場、親の黒沢はリーチ・ツモ・タンヤオの2000オールで、松本のリーチに競り勝つ。

東3局ではリーチ・・ドラ2・ウラ2のハネマンを、松本から討ち取ってトップを固める。

さらに南3局2本場、黒沢は1300・2600を加点して盤石で迎えた南4局。親の松本がメンホン・チートイツ・ドラの単騎待ちでテンパイ。松本がヤミテンに構えていると、黒沢からこのが出る。

トップからラスに18000移動したことで、場は一気に平たい状態に。

松本は4本場まで積んで、微差ながらついに黒沢を逆転する。

しかし5本場、ラス目の内川が着順アップのハネマンをツモったことで、松本が親被り。最後は行幸に恵まれて、黒沢が4勝目を獲得した。

勝利者インタビューで黒沢は「勝ってファンの皆様に喜んでもらいたいという気持ちで打っていますが、それには私達らしく打つということが大事だと思ってます。最後まで応援していただきたいです」と語った。

【Result】
1着 黒沢咲TEAM雷電 3万1100点/+51.1
2着 松本吉弘渋谷ABEMAS 2万9900点/+9.9
3着 内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ 1万9600点/▲20.4
4着 丸山奏子赤坂ドリブンズ ▲1万9400点/▲40.6

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +249.0(49/90)
2位 渋谷ABEMAS +171.2(49/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +48.3(50/90)
4位 EX風林火山 +7.9(50/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲5.3(50/90)
6位 TEAM雷電 ▲16.4(49/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲81.0(50/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲373.7(49/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

12月19日の対戦は
赤坂ドリブンズ vs KADOKAWAサクラナイツ vs 渋谷ABEMAS vs TEAM雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 赤坂ドリブンズvs KADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS vs TEAM RAIDEN / 雷電

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!