EX風林火山・勝又健志 ドラのありかを探るトイトイ選択【Mリーガー29人の名手】

EX風林火山・勝又健志

ドラのありかを探る

トイトイ選択

【Mリーガー29人の名手】

Mリーグ2019 12/3

第1試合 南3局 ドラ

東家 瀬戸熊直樹TEAM雷電

42800

南家 勝又健志EX風林火山

29100

西家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

13500

北家 多井隆晴渋谷ABEMAS

14600

 

ラス前、南家の勝又はダブ をポンしてホンイツのカン待ちでテンパイ。

ここにをツモってトイトイに受けることも可能となる。すでにハネ満あるテンパイだが、トイトイでドラのツモなら3倍満まであるが、勝又はここで何を切ったか?

 

 

「ドラのありかを探ってトイトイへ」

ここは打などいろいろな選択肢がある。どう受けてもハネ満以上なのだから、まずアガれる受けを探したい。ここで勝又はドラのありかに注目した。

勝又多井さんは切りがあったけど、多井さん・瀬戸熊さんの捨て牌はトーンが低くドラは持ってなさそう。たろうさんはは捨ててきましたが、普段から強めの打牌が多いのでドラを持っている可能性は五分五分」

ということで、を比較し、残り枚数は大差ないと判断した勝又は打トイトイに構えた。この時点で山には2枚。も1枚生き。だが、残念ながら流局となってしまった。とはいえ

ホンイツを捨てる選択も考えて打がよかったか」

という反省も含め、勝又らしい決断の一打だった。

 

Mリーガー全29人の

名手を収録した

小冊子付き「近代麻雀」

12月28日発売‼︎

 

東川亮

赤入り麻雀、東天紅(三人麻雀)などを愛する、さいたま市在住の麻雀ファン。本業はフリーのライター。飯田橋にあるセット雀荘「麻雀ロン」にて、オーナーである麻雀解説者・梶本琢程氏との接点が生まれ、その縁をきっかけとしてキンマWebにてライター活動を開始した。
ひがし@Twitter

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!