鈴木たろう、個人連勝6勝目!! ドリブンズが脱・ボーダーに向けて始動!!

鈴木たろう、

個人連勝6勝目!!

ドリブンズが脱・

ボーダーに向けて始動!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕55日目、第1戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。南葉に入ってマンガン・親マンとアガった鈴木が個人6勝目。麻雀格闘倶楽部・伊達のラスによってフェニックスが首位に浮上となった。

第1戦の対局者は、EX風林火山松ヶ瀬隆弥KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎セガサミーフェニックス伊達朱里紗、そして鈴木の4名。

東1局、南家・鈴木のドラ3リーチは、西家・内川のピンフダマテンに放銃という結果に終わる。

平たい点棒状況で迎えた東3局。4巡目に、テンパイを入れたのが鈴木。タンヤオ・ドラ3のカン【3ソウ】待ち。この手に伊達が飛び込んで8000点の放銃。鈴木がトップ目に立つ。

南1局に、親の伊達がタンヤオ・赤1をリーチ・ツモ。ウラ1の4000オールで反旗を翻す。

しかしその1本場、鈴木が10巡目にリーチをかけて【赤5ピン】でツモアガリ。ピンフ・赤2の2000・4000で、鈴木が再度トップ目に立つ。

決定打となったのは南2局。伊達のペン【7ピン】待ち先制リーチに、鈴木がカン【6ピン】待ちで追いかけて伊達から一発で討ち取り(ドラ【5ピン】)。ウラドラも【5ピン】で12000点。

オーラスは親の松ヶ瀬が2着まで浮上するが、4本場で鈴木が喰いタンヤオ・赤1の500・1000をツモって試合終了。鈴木が連勝となる個人6勝目。ドリブンズは徳俵で踏みとどまる貴重なトップを得た。

鈴木はインタビューで、

「チームが苦しいのでなんとかしなきゃなと思っていたので、よかったです。試合(数)が減ってくると、危ないよなって気がしちゃうと思いますが必ず逆転してセミファイナル・ファイナルへ行きたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 4万7200点/+67.2
2着 松ヶ瀬隆弥・風林火山 2万4900点/+4.9
3着 内川幸太郎サクラナイツ 1万5600点/▲24.4
4着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 ▲1万2300点/▲47.7

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +226.8(54/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +213.1(55/90)
3位 EX風林火山 +144.4(55/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +102.7(55/90)
5位 U-NEXT Pirates +96.4(54/90)
6位 渋谷ABEMAS +21.1(54/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲190.7(55/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲633.8(54/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月10日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!