本田朋広、デビュー戦を快勝!! 雷電の麻雀は面しいぃんです!!

本田朋広、

デビュー戦を快勝!!

雷電の麻雀は、

面しいぃんです!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕第3日目、第1戦は本田朋広TEAM雷電)が、トップを獲得。本田朋広、注目のデビュー戦となった第1試合。南場の親で高めサンショクのハネマンをツモった本田が逃げ切りトップで、雷電は開幕3連勝。絶好調の幕開けとなった。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳渋谷ABEMAS白鳥翔セガサミーフェニックス近藤誠一、そして本田の4名。

東2局1本場、南家・白鳥が【1ソウ】【4ソウ】待ちのリーチ・ドラ1・赤1を高めのドラ【4ソウ】でツモアガリ。ウラ1の3000・6000でリードを奪う。

東4局1本場、西家・村上のリーチにカン【6ソウ】待ちで追いかけた本田がツモり勝つ。赤1の1000・2000で白鳥を追う。

次局、親を迎えた本田が先制リーチ。ピンフ・赤1・高め234サンショク【1マン】【4マン】待ち。追いかけたのは村上。チートイツのドラ【9マン】単騎待ちで真っ向勝負をかける。勝ったのはまたも本田。高め【4マン】をツモって6000オール。白鳥を捲くって大きく突き放す。

捲られた白鳥、南3局に近藤とのリーチ合戦に打ち勝って、ピンフタンヤオの5800を近藤から仕留めて再逆転を狙う。

が、白鳥の追撃もここまで。オーラスは村上が3着に浮上する、ピンフ・赤1をリーチ・ツモ。1300・2600のアガリで試合終了。

本田がデビュー戦を快勝、TEAM雷電は前人未到の開幕3連勝をなしとげた。

本田はインタビューで、

「(デビュー戦について)本当に緊張しましたね。思った以上のプレッシャーでしたが、うまく打てたんじゃないかと思います。(瀬戸熊選手から『楽しんでこい』と言われた件について)僕がラスを引いても瀬戸熊さんがトップを取るから、とリラックスさせてくれたので楽しめました」

と語った。

【Result】
1着 本田朋広・雷電 4万7400点/+67.4
2着 白鳥翔・ABEMAS 3万4000点/+14.0
3着 村上淳・ドリブンズ 1万600点/▲29.4
4着 近藤誠一・フェニックス 8000点/▲52.0

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +176.4(3/90)
2位 渋谷ABEMAS +82.5(3/90)
3位 赤坂ドリブンズ +14.1(3/90)
4位 U-NEXT Pirates ▲2.5(2/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.4(2/90)
6位 EX風林火山 ▲44.3(2/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲67.7(2/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲129.1(3/90)

大和証券 Mリーグ ABEMASvsドリブンズvs雷電vsフェニックス

詳細情報
渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズvsTEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月7日の対戦は渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズvsTEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックス

キャスト

渋谷ABEMAS
赤坂ドリブンズ
TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ABEMASvsドリブンズvs雷電vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!