魚谷侑未、的確な押し引きで1勝目!! フェニックスに初勝利をもたらす!!

魚谷侑未、的確な

押し引きで1勝目!!

フェニックスに

初勝利をもたらす!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021」の開幕第3日目、第2戦は魚谷侑未セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。開幕から不調だったフェニックス、2度めの出場となった魚谷が要所で押し切って4度のアガリをもぎとり、チームに待望の初トップをもたらした。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢渋谷ABEMAS多井隆晴TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして魚谷の4名。

開局、北家の瀬戸熊と親の魚谷がリーチ合戦。そこに割って入ったのが西家の園田。その一発目、魚谷がツモ切った【1ソウ】が園田に命中。ピンフの3900プラスリーチ棒の失点で魚谷の親が落ちる。

またもやフェニックスに暗雲が立ち込めるのか、と思いきやその後魚谷が奮起。

南場の親でカン【6ピン】待ちのテンパイを即リーチ。追いついた園田がテンパイし、中筋の【6ピン】を切って放銃。リーチ・【中】・赤1の7700。これでトップ目の園田にぐっと近づく。

次局、魚谷の配牌に【南】【西】【北】が2枚、【東】が1枚という大物手が入る(ドラ【南】)。「全部鳴くつもりだった」魚谷だが、字牌が場に高くなった結果チートイツをテンパイ。多井のリーチをかわしてツモアガリ。2000・4000でトップに躍り出る。

オーラスはここまで苦しかった瀬戸熊が、【東】をポンしてドラ1・赤1の先制テンパイ。マンガンで逆転トップの園田もひたひたと迫る。2者を警戒しつつ、魚谷がピンフのテンパイを果たし、【1マン】【4マン】【7マン】待ちの【1マン】を自ら引き寄せて400・700のアガリで試合終了。魚谷がフェニックスにうれしい初勝利を持ち帰った。

魚谷はインタビューで、

「チームを信頼しているので、まだ焦るようなとこじゃないと思ってました。なのでトップじゃなくても大丈夫と思ってましたが、新しく入ったスタッフさんもいて空気を明るくしたいなと思ってたのでトップはうれしいです。(オーラス)園田さんはトップを狙ってくるので自分で決めにいきました」

と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 3万8100点/+58.1
2着 園田賢・ドリブンズ 2万6700点/+6.7
3着 多井隆晴・ABEMAS 1万9800点/▲20.2
4着 瀬戸熊直樹・雷電 1万5400点/▲44.6

【Total】
1位 TEAM RAIDEN/雷電 +131.8(4/90)
2位 渋谷ABEMAS +62.3(4/90)
3位 赤坂ドリブンズ +20.8(4/90)
4位 U-NEXT Pirates ▲2.5(2/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.4(2/90)
6位 EX風林火山 ▲44.3(2/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲67.7(2/90)
8位 セガサミーフェニックス ▲71.0(4/90)

大和証券 Mリーグ ABEMASvsドリブンズvs雷電vsフェニックス

詳細情報
渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズvsTEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月7日の対戦は渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズvsTEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックス

キャスト

渋谷ABEMAS
赤坂ドリブンズ
TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
実況:日吉辰哉
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!