Mリーグ2021-22 シーズン終了後囲み取材【KADOKAWAサクラナイツ】

(写真左から)森井巧監督、堀慎吾内川幸太郎岡田紗佳沢崎誠は欠席

岡田 本当にうれしいですね。今年の優勝の重みは違うなと。もちろん今までも毎年ファイナルに残って、優勝したい気持ちはあったんですけど、今年は特にそれが私以外も強かったと思うので、この年に優勝できて、本当にうれしく思っています。セミファイナルで貢献することができて、ちょっとは役に立てたかなと思います。

内川 もちろん今日の試合もそうですが、今シーズンに沢崎さんが離脱し、堀君がケガをして、元々仲のいいチームなんですけど、より一層みんながチームのために献身的になって一丸となった、ということだけだと思います。自分のために、チームのために優勝するぞ、という気持ちは間違いなく全チームの中で一番強かったのが、結果に表れたかなと思います。最後は堀君が大役をしっかり果たしてくれて、僕らも自信を持って送り出したので、本当にチームの優勝だと思います。

(沢崎選手から連絡は)おめでとうというメッセージは来ました。LINE LIVEにも来て。優勝報告も、もちろんします。

 とりあえず、ホッとしました。去年のファイナルでは僕がチームの足を引っ張ってしまう形になっていたので、その借りを返したいのと、沢崎さんがレギュラーシーズンで絶好調で引っ張ってくれて、沢崎さんの勝ちがなければ、セミファイナルに通過できなかったかもしれないくらいの大活躍をされていました。今回ファイナルで離脱ということで、沢崎さんの分もしっかり戦って勝ちたいな、という気持ちがあったので、本当にホッとしています。本当にうれしいです。

昨年に「来年優勝します」とは言っても、みんな強いのでそんなに簡単にできることではないのは分かっていたので、結果として優勝という形で残せてよかったという気持ちが大きいです。

森井 本当にうれしいし、ホッとしています。沢崎さんにいい報告ができて、そしてファンの人に一番いい報告ができて、とてもうれしいです。もともとチームの雰囲気もいいですし、一つにまとまっていましたけど「沢崎さんのために」という、みんなの心に一つ決めたことがあったと思うので、それがより団結を生んだ、というのはあったかもしれません。

-来期は連覇を狙える唯一のチームになるが。

内川 4位、2位、1位ときたら、先ほどおかぴー(岡田)も言っていましたけど、連覇しかありません。この3年間上り調子できていますので、来シーズンも優勝争いをして、連覇を目指してしっかり打ちたいと思います。

-監督として、今年一番心掛けていたことは。

森井 去年に準優勝したときに、一つの試合、ポイントの積み重ねがすごく大事だと感じました。岡田さんの「私がもう少し勝てていれば」という言葉がすごく印象的だったんですね。そこで今年のテーマを「その1ポイントを削り出せ」とさせていただきましたが、1試合1試合の積み重ねが今回の優勝という結果につながったと思うので、みなさんが試合を大事に戦っていただいた結果かなと思っています。

-岡田選手が堀選手の背中を泣きながらたたいていたが。

岡田 最近ずっと、たたいて送り出しています。今日も試合に行く前に、思い切りバチンといってから送り出しているので。

内川 全選手、スタッフの人に背中に気合いを入れてもらってから行くんですよ。その延長です。僕は他の選手に遠慮して、あっためるくらいで。

 ずっと拒否してきたんですけど、足の方が痛すぎて、たたかれても全然痛くないので(笑)。

(文中敬称略)

Copyright ©Mリーグ All Rights Reserved.
※写真は新型コロナウィルスの影響を考慮し、出演者とスタッフの安全に配慮した形で撮影しております。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!