佐々木寿人、滝沢和典に続いて麻雀格闘倶楽部2連勝!! 上り調子で折り返し!!

佐々木寿人、

滝沢和典に続いて

麻雀格闘倶楽部2連勝!!

上り調子で折り返し!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕46日目、第2戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東2局にハネマンをツモった佐々木が、ラス前ですがってきた二階堂の親番を蹴って逃げ切った。麻雀格闘倶楽部は同日2連勝で、首位でレギュラーシーズンを折り返した。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹渋谷ABEMAS白鳥翔TEAM雷電萩原聖人、そして佐々木の4名。

東2局2本場、西家の佐々木が8巡目にピンフ・ドラ2・赤1の【1ソウ】【4ソウ】待ちでリーチをかけて2巡後に【1ソウ】ツモアガリ。3000・6000で、佐々木が大きくリードする。

東4局、南家・白鳥のリーチに北家の二階堂がピンフ・ドラ2・高めイーペーコー【3ソウ】【6ソウ】待ちで追いかける。次巡、西家の萩原がタンヤオ・赤1のカン【6ソウ】待ちで追いかけて、三つ巴の一局に。

決着は萩原が【3ソウ】をつかんで二階堂への放銃。8000点プラスリーチ棒で二階堂が佐々木を追う展開に。

南2局は白鳥がソーズ、二階堂がピンズの一色対決。そこに親の萩原がカン【7ソウ】待ちでリーチをかける(ドラ【8ソウ】)。二階堂はドラをつかんでテンパイを崩す。この【8ソウ】は白鳥のアタリ牌。白鳥はその後、【1ソウ】をポンして待ちを【5ソウ】【8ソウ】から【6ソウ】【9ソウ】待ちに変えて【7ソウ】を切る。牌山には0枚だった【7ソウ】が打ち出され、萩原のアガリに。ドラ1・赤1・ウラ1の12000点で、萩原もトップ争いに名乗りをあげる。

南3局2本場、佐々木が【中】【5ピン】をポン、【1マン】をチーして、【6マン】単騎待ちをツモアガリ。赤1の700・1300で、僅差で二階堂をかわしてトップ目に立つ。

二階堂と萩原は、オーラスに逆転のリーチをかけるが、流局して試合終了。佐々木が滝沢に続き、麻雀格闘倶楽部の同日2連勝を勝ち取った。

佐々木はインタビューで、

「非常に気分がいいです。チームが首位に立って僕がいきなりラスになったら、一戦天下みたいになっちゃうんでそれだけは避けたいと思って打ちました。(チーム首位について)初めての経験なので、ちょっとうれしい気はありますね」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 5万5000点/+55.0
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万9700点/+9.7
3着 萩原聖人・雷電 2万5800点/▲14.2
4着 白鳥翔・ABEMAS 9500点/▲50.5

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +422.1(46/90)
2位 EX風林火山 +318.9(46/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +47.4(46/90)
4位 セガサミーフェニックス +43.8(46/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲14.1(46/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲44.4(46/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲192.3(46/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲581.4(46/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月21日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!