佐々木寿人、3連闘、3連勝!! 個人2位の松本吉弘をくだし、麻雀格闘倶楽部プラス圏へ!!

佐々木寿人、

3連闘、3連勝!!

個人2位の松本吉弘をくだし、

麻雀格闘倶楽部プラス圏へ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕80日目、第1戦は佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。親番で2600オール、6000オールとツモアガリを決めた佐々木が、松本の追撃をかわして個人3連勝。麻雀格闘倶楽部は4位キープながらも、プラス域への浮上となった。

第1戦の対局者は、EX風林火山勝又健志渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス和久津晶、そして佐々木の4名。

東1局、親の佐々木は4巡目にピンフ・赤1の先制リーチ。なんなくツモアガって2600オールで先行する。好調男が絶好調ぶりをうかがわせる。

南場に入って、トップ目を勝又に譲った佐々木だがもちろんただでは終わらせない。

南1局、7巡目に和久津がピンフ・赤1の先制リーチを放つ。2巡後にピンフ・ドラ1・赤1の待ちで追いついた佐々木が追いかける(ドラ)。そして佐々木がを一発ツモ! この6000オールで一気に勝又を逆転する。

南3局1本場を迎えて、南家・松本は持ち点3,500点のラス目にあえいでいた。しかし、個人成績2位のこの男はこのままでは終わらない。

オーラスの親番で、12巡目にピンフタンヤオ待ちでリーチをかけ、追いかけてきた3着目の和久津からを仕留めてウラドラがの12000点。

同1本場でも、リーチ・ツモ・ドラ1の2000オールをアガると2着目に浮上、トップ目の佐々木を脅かす。

しかし、松本の快進撃もここまで。2本場では、佐々木が食いタンヤオの300・500で締めくくって試合終了。

佐々木が3連闘・3連勝の快挙を成し遂げて、麻雀格闘倶楽部はプラス圏に浮上となった。

佐々木はインタビューで、

「けっこう押し込まれる局面が多かったですね。ようやくチームがプラスになったので、よかったと思います。(個人成績1位については)やっぱりチームの成績ありきなので、そこが大事だと思います」

と語った。

【Result】
1着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 3万6100点/+56.1
2着 松本吉弘・ABEMAS 3万400点/+10.4
3着 勝又健志・風林火山 2万4600点/▲15.4
4着 和久津晶・フェニックス 8900点/▲51.1

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +567.8(79/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +133.0(80/90)
3位 EX風林火山 +27.6(79/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +16.9(79/90)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲103.0(80/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲188.4(79/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲200.5(80/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲253.4(80/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsABEMAS」

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月23日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:金太賢
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!