近藤誠一、抜群の安定感で6勝目!! 1戦目のラスをリカバーし、カットラインで踏みとどまる!!

近藤誠一、

抜群の安定感で6勝目!!

1戦目のラスをリカバーし、

カットラインで踏みとどまる!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕80日目、第2戦は近藤誠一セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。東場で大きなリードを得た近藤が、南場も逃げ切りトップでゴールイン。1戦目の和久津のラスをリカバリして、7位パイレーツに水をあけることに成功した。

第2戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智渋谷ABEMAS松本吉弘、そして近藤の4名。

東1局、南家の近藤が先制リーチ、そしてツモ。ピンフ・赤1・高めタンヤオ待ちのをツモアガってウラが1枚。2000・4000で近藤が先行する。

次局、親を迎えた近藤はダブを鳴いてわずか5巡目でテンパイ。チャンタのカン待ち。これを藤崎から討ち取って7700点。近藤がリードを広げる。

同1本場、松本が・赤3のマンガンをツモって近藤の親を落とす。

東4局1本場、8巡目にピンフ・高め678サンショクのリーチをかけたのは近藤。そこに2番手につけていた松本が一発で高めのを放銃。8000点の直取りで、近藤が突き抜ける。

近藤以外の3者が横一線という状況で、オーラスは松本が近藤から3900点をアガって3着を確定させて試合終了。近藤が1戦目の和久津の仇討ちを果たし、6勝目を獲得した。

近藤はインタビューで、

「ちょっとホッとしてますね。第1試合がラスでしたから、すぐに挽回できてよかったと思います。セガサミーフェニックス、これからもまだまだ頑張ります!

と語った。

【Result】
1着 近藤誠一・フェニックス 3万4800点/+54.8
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万7500点/+7.5
3着 松本吉弘・ABEMAS 2万600点/▲19.4
4着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 1万7100点/▲42.9

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +548.4(80/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +133.0(80/90)
3位 EX風林火山 +35.1(80/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲26.0(80/90)
5位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲103.0(80/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲133.6(80/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲200.5(80/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲253.4(80/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックスvsABEMAS」

詳細情報
EX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
2月23日の対戦はEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:金太賢
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!