伊達朱里紗、新人らしからぬゲームメイクを披露し、待望の初勝利獲得!!

伊達朱里紗、

新人らしからぬ

ゲームメイクを披露し、

待望の初勝利獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕12日目、第1戦は伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。女流対決となった第1試合。南1局にリーチ・チートイツ・ドラ4のハネマンを魚谷から仕留めた伊達が、随所で好プレーをみせてMリーグ初勝利を手にした。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして伊達の4名。

3900・5200などの中打点未満の応酬で、決定打が出ないまま迎えた南1局。

西家・伊達が8巡目にチートイツの先制リーチをかける。待ちは生牌【發】単騎。すると北家の岡田がアグレッシブな【3マン】アンカンの挙に出る。新ドラは【南】は伊達の手に2枚ある。そして岡田が【4ソウ】【7ソウ】待ちで追いかけリーチを敢行。

2軒リーチに挟まれて、困ったのが南家・魚谷。嫌がりつつもアンコ持ちの【發】に手がかかって、伊達のアガリで決着。さらにウラドラ【8マン】が2枚乗って12000点。伊達が大きなリードを獲得する。

南3局1本場、波に乗ったか伊達は11巡目にツモリ四暗刻をテンパイ。【4ソウ】【北】のシャンポン待ちをダマテンに構える。しかし15巡目、アンコの【8マン】の筋の【5マン】を持ってくると【北】を切ってオリに回る。この【5マン】は先制リーチの岡田のアタリ牌。決着は二階堂が食いタンヤオ・赤3の2000・4000をツモアガリ。二階堂が伊達をかわしてトップ目に立つ。

しかし次局、二階堂は親の岡田のリーチの一発目に切ったテンパイ打牌の【7マン】がカンチャン待ちにストライク。タンヤオイーペーコー・赤1の12000点。再び伊達がトップ目に返り咲く。

オーラス1本場は、二階堂がドラの【1ピン】【中】をポンしたマンガンを、岡田から討ち取って2着をキープして試合終了。伊達が待望のMリーグ初トップを獲得した。

伊達はインタビューで、

「(初トップは)タイトル戦で優勝したときくらい、すごいうれしいです。もちろん(自分が)一番後輩なんですけど、いろんな番組で対局する機会が多かったので同卓したときの呼吸や雰囲気はよく知っているつもりだったので、普段よりリラックスして対局できるみなさんだなと思ってました」

と語った。

【Result】
1着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 4万700点/+60.7
2着 二階堂亜樹・風林火山 4万100点/+20.1
3着 岡田紗佳サクラナイツ 2万300点/▲19.7
4着 魚谷侑未・フェニックス ▲1100点/▲61.1

【Total】
1位 EX風林火山 +184.5(11/90)
2位 セガサミーフェニックス +53.8(11/90)
3位 渋谷ABEMAS +5.3(12/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲1.7(11/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲9.7(12/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲64.0(12/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲72.9(12/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲95.3(11/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月22日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!