徹底検証!本田のオーラスは見逃すべきだったのか?【Mリーグ2022-23観戦記11/4】担当記者:渡邉浩史郎

徹底検証!
本田のオーラスは
見逃すべきだったのか?

文・渡邉浩史郎【金曜担当ライター】2022年 11月 4日

第1試合
東家:茅森早香(セガサミーフェニックス)
南家:滝沢和典(EX風林火山)
西家:本田朋広(TEAM RAIDEN / 雷電)
北家:白鳥翔(渋谷ABEMAS)

11月4日、本日一戦目は高打点の応酬。

滝沢のマンガンから始まり……

打点女王:茅森のマンガンツモかと思えば……

本田の6000オールで総まくり。

そこに突如始まる翔TIME。親のマンガン出アガリからの……

一発ツモで4000オール。

その後小さなアガリを挟んで51500点まで積み重ねるも……

茅森がドラポンマンガン。

からの親番で猛追。南三局にはマンガンのアガリで遂に二着目に浮上。白鳥の首筋を捉えた。

ご覧の点差で本日の注目ポイント、オーラスへと突入した。

【南4局】

まず注目は白鳥。トップ目だが親番のため、アガれば連荘で試合が続く。

現状の点数をまとめると
2着目茅森と白鳥の点差は6500。
脇からのマンガン出アガリ。1300・2600ツモ。3900直撃が条件。
3着目本田と白鳥の点差は10300。
脇からの跳満出アガリ。マンガンツモ。5200直撃が条件。
一方で2着目茅森との点差は3800。こちらの条件は脇から3900出アガリ可能と軽め。

となっている。

まず白鳥は上家本田の切った【南】をスルーした。

【南】をポンするとだいたい出アガリ1500・ツモ500オールのアガリとなるが、これを先ほどの点差に当てはめてみると

茅森直撃⇒茅森と9500差。本田と11800差。マンガンツモ条件が両者に残る。
本田直撃⇒茅森と8000差。本田と13300差。本田のマンガンツモ条件が消える。
滝沢直撃⇒茅森と8000差。本田と11800差。マンガンツモ条件が両者に残る。
白鳥ツモ⇒茅森と8500差。本田と12300差。マンガンツモ条件が両者に残る。

となる。
必死に【南】のみをアガリに行くよりは、門前で大きく仕上げてこの局で大きく突き放したほうが良さそうだ。

対してこの局動きを入れたのは本田。

一枚目の【發】から仕掛けていく。赤二枚の手、面前で仕上げてリーチツモと行けば文句なしのトップだが、3900で二着へ浮上できる。もちろんこの後マンズを伸ばしてドラ【2マン】を引いたりすればそれでも文句なしのマンガンツモ条件達成だ。

そのほかにも……

この道がある!

【發】の加カン! 新ドラは……

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!