高宮まり、芳醇なツモでアガリ三昧!! 今季初勝利&麻雀格闘倶楽部、2連勝!!

高宮まり、芳醇なツモで

アガリ三昧!!

今季初勝利&

麻雀格闘倶楽部、2連勝!!

プロ麻雀リーグ「大和証券 Mリーグ2021」の開幕12日目、第2戦は高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。第1試合、伊達の好調を受け継いだ高宮が、5回の和了を得て今季初勝利。麻雀格闘倶楽部は同日2連勝で、8位から5位へと浮上した。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠セガサミーフェニックス近藤誠一、そして高宮の4名。

東2局、ドラアンコの配牌を親番でもらった勝又が、イーペーコーのヤミテンを沢崎から仕留めて12000点。まずは勝又がリードする。

しかし、この試合は高宮が大爆発。まずは東3局、ピンフのリーチを一発ツモ・ウラ1の2000・4000。

南1局は、西家・沢崎の先制リーチにカン【3ソウ】待ち234サンショクで追いかけて、リーチ・ツモ・ウラ1の4000オール。勝又を一気に突き放す。

南3局では、食いタンヤオ・ドラ2・赤1のツモアガリでさらに2000・4000を加点。

高宮はこの試合、5回のアガリをものにしてダントツに。

2着にはラス親まで耐え忍んでいた近藤が、会心の【赤5ピン】ツモの4000オールで滑り込む。

近藤は連荘でトップを伺うが、カン【6ソウ】待ちリーチを高宮から討ち取ったと思いきや、沢崎にアタマハネされて試合終了。

麻雀格闘倶楽部が2連勝で、トータル順位を5位にまで上げた。

高宮はインタビューで、

「チームの成績もちょっと落ち込んでましたが、序盤なので気にしてませんでした。伊達さんがいい流れを作ってくれたので、それを受け継げてよかったなと思います」

と語った。

【Result】
1着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 4万5500点/+65.5
2着 近藤誠一・フェニックス 2万2400点/+2.4
3着 勝又健志・風林火山 1万9500点/▲20.5
4着 沢崎誠サクラナイツ 1万2600点/▲47.4

【Total】
1位 EX風林火山 +164.0(12/90)
2位 セガサミーフェニックス +56.2(12/90)
3位 渋谷ABEMAS +5.3(12/90)
4位 U-NEXT Pirates ▲9.7(12/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.8(12/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲49.1(12/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲64.0(12/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲72.9(12/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月22日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsセガサミーフェニックス

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!