沢崎誠、個人2連勝!! まさかのウラ4・バイマンで、サクラナイツをプラス圏へ牽引!!

沢崎誠、個人2連勝!!

まさかのウラ4・バイマンで、

サクラナイツを

プラス圏へ牽引!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕8日目、第1戦は沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。高打点選手が集った第1試合。南1局にウラ4のバイマンをアガった沢崎が個人2連勝。サクラナイツはプラスに復帰の4位となった。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳TEAM雷電黒沢咲セガサミーフェニックス近藤誠一、そして沢崎の4名。

黒沢のリーチ・ツモ・赤1、2000オールで開局した第1試合。いずれ劣らぬヘビー級の打点の持ち主たちの闘い。その予想に違わぬ重いパンチの応酬となる。

東1局1本場は、北家・村上と西家・近藤のリーチ対決。村上が近藤に放銃で、リーチ・ドラ1・赤1・ウラ1の8000点。

東2局は黒沢の【1マン】【4マン】【7マン】待ちのリーチ・【中】・ドラ2に村上が飛び込んで8000点。

東4局には村上が反撃。ダブ【東】ポン、【發】ポンでなんと3巡目に【白】【9マン】のシャンポン待ちのチャンタをテンパイ。黒沢が【白】をツモ切って12000点。

この試合最大級の打点を決めたのは沢崎。

南1局、沢崎は9巡目にドラ1・赤1の【2ピン】【5ピン】【4ソウ】待ちで即リーチ。【5ピン】を3枚使ったいわゆる”エントツ待ち”。沢崎は2巡後に【赤5ピン】をツモアガリ。そしてなんとウラドラが【5ピン】! リーチ・ツモ・ドラ1・赤2・ウラ4の4000・8000! 沢崎が一気にトップ目に突き抜ける。

南2局は近藤が奮起。独自の手順で仕上げたイッツー・赤1を、村上のリーチ・チートイツにリーチでぶつける。【6ピン】【9ピン】待ちの高めドラ【9ピン】を村上から仕留めて8000点。沢崎の独走をゆるさない。

オーラス、近藤はハネマンツモで逆転条件が残るが、リーチ・タンヤオ・ツモ・ドラ1・赤1のウラが乗らずの2000・4000で沢崎が逃げ切って試合終了。

沢崎が個人2連勝を獲得し、今季の好調ぶりをうかがわせた。

沢崎はインタビューで、

「(勝因は)あわてないでゆっくりゲームを見られたということですね。東1局の黒沢さんの2000オールを見て、黒沢さんにしては点数が安いなと。絶好調ではないので、チャンスは十分あるだろうと思ってました。3万点浮きのトップを目指してましたが、無理でしたね(笑)」

と語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 4万2600点/+62.6
2着 近藤誠一・フェニックス 3万8400点/+18.4
3着 黒沢咲・雷電 2万900点/▲19.1
4着 村上淳・ドリブンズ ▲1900点/▲61.9

【Total】
1位 EX風林火山 +102.2(8/90)
2位 TEAM RAIDEN/雷電 +63.5(7/90)
3位 セガサミーフェニックス +35.4(7/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +22.5(7/90)
5位 U-NEXT Pirates +3.1(8/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲27.3(8/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲91.4(7/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲108.0(8/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs雷電vsフェニックス

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月15日の対戦は赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックス

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
実況:松嶋桃
解説:渋川難波
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs雷電vsフェニックス

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!