勝又健志、二階堂瑠美の仇討ちを完遂!! ハネマン一撃で個人首位へ浮上!!

勝又健志、二階堂瑠美の

仇討ちを完遂!!

ハネマン一撃で

個人首位へ浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕18日目、第2戦は勝又健志EX風林火山)が、トップを獲得。静かな東場を終えて、南場に入ってハネマン・マンガンが飛び交う激戦へ。七対子・ドラ2・赤2のダマハネマンを仕上げた勝又が、逃げ切りトップ。松ヶ瀬を抜いて個人首位に浮上した。

第2戦の対局者は、セガサミーフェニックス近藤誠一渋谷ABEMAS多井隆晴TEAM雷電黒沢咲、そして勝又の4名。

東場は黒沢の1000・2000ツモ、近藤のリーチ・チートイツの3200の出アガリのみで進行、僅差で南場をむかえる。

南1局1本場、西家の勝又がチートイツ・ドラ2・赤2のダマハネマンを南家・多井から直撃。点棒が大きく動く。

次局、西家の黒沢が11巡目にリーチ。【3ソウ】【6ソウ】待ちの【3ソウ】を安めながら一発ツモ(ドラ【6ソウ】)。ウラドラが【3ソウ】で2000・4000。黒沢が勝又を1000点かわしてトップ目に立つ。

しかし次局、その黒沢が多井のリーチに放銃。リーチ・チートイツ・ウラ2の8000点。ふたたび勝又にトップ目が移る。

勝又と黒沢、4000点差でむかえたオーラス1本場。勝又が早々に2フーロして【4ソウ】【7ソウ】待ちテンパイ。ラス目の多井も10巡目に【4ピン】【7ピン】待ちのテンパイを入れて即リーチ。タンヤオ・ドラ2のアガれば着順アップが見込める勝負手。

15巡目、黒沢が逆転のテンパイを入れてリーチを宣言するが、横向きに置かれたのは【7ピン】。2着目からのマンガン直撃で、多井が2着まで浮上。勝又はハネマンのアガリ1回で、今季3勝目を獲得。1回戦目の二階堂の敵を討って、自身は松ヶ瀬を抜いて個人首位へと躍り出た。

勝又はインタビューで、

「そうですね、全体的に今日はよく読めてたなっていう風に思ってます。10月はかなりプラスすることができましたが、余裕があるとかは気にせずに今日開幕くらいの気持ちで、(ポイントを)積み重ねられるようにがんばります」

と語った。

【Result】
1着 勝又健志・風林火山 3万4100点/+54.1
2着 多井隆晴・ABEMAS 2万3800点/+3.8
3着 黒沢咲・雷電 2万1800点/▲18.2
4着 近藤誠一・フェニックス 2万300点/▲39.7

【Total】
1位 EX風林火山 +338.8(18/90)
2位 U-NEXT Pirates +75.2(18/90)
3位 渋谷ABEMAS +29.4(18/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +12.5(18/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲29.6(18/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲45.2(18/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲57.7(18/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲323.4(18/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月2日の対戦はEX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!