瀬戸熊直樹、オーラス逆転の一発ツモ!! これが雷電オリジンの面白い麻雀なんです!!

瀬戸熊直樹、オーラス

逆転の一発ツモ!!

これが雷電オリジンの

面白い麻雀なんです!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕18日目、第1戦は瀬戸熊直樹TEAM雷電)が、トップを獲得。先行する松本を、瀬戸熊と魚谷が追う展開となった第1試合。オーラスに七対子・地獄待ちを一発ツモ・ウラウラのハネマンを決めた瀬戸熊が逆転勝利。今季2勝目をあげた。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂瑠美セガサミーフェニックス魚谷侑未渋谷ABEMAS松本吉弘、そして瀬戸熊の4名。

東1局は、北家の松本と起家の瀬戸熊のリーチ合戦となり、松本のツモアガリで決着。ピンフタンヤオ・ドラ1の2000・4000で、松本の先制で試合は始まる。

流局を挟んだ東3局1本場、今局は瀬戸熊の逆襲が決まる。タンヤオ・赤2のカン【7ピン】待ちテンパイをヤミに構え、【3ソウ】をアンカン。北家・二階堂がリーチをかけるが瀬戸熊が【7ピン】を引き寄せて2000・4000。瀬戸熊が2番手に。

しかし南1局、松本が7巡目にドラ【南】が雀頭のテンパイ。リーチをかけて【5ピン】【8ピン】待ちの【8ピン】をツモアガリ。ウラ1の2000・4000。瀬戸熊の親番、2度もマンガンを親被りさせて松本が追撃を退ける。

南3局1本場は、二階堂と親の魚谷の直接対決。二階堂のドラの【1ピン】単騎待ちリーチに、【發】アンコ・【1ピン】を雀頭にしてカン【5マン】待ちテンパイでかまえた魚谷。このチョイスがズバリ、二階堂から【赤5マン】を直撃して12000点。勝負は三つ巴に。

3番手となった瀬戸熊は南3局2本場に、ドラ1・赤1のカン【6ピン】待ちを1巡回してツモ切りリーチ。これを見ていた二階堂から【6ピン】を仕留めてウラ1の8000点。ふたたび2着に浮上して松本を猛追する。

オーラスを迎えて、トップ松本との点差は5000点。3着目の魚谷と瀬戸熊は800点差。

7巡目にチートイツをテンパイした瀬戸熊は、次巡に2枚切れの【南】単騎待ちに変えてリーチを選択。同巡に二階堂からの追いかけリーチがかかるが、瀬戸熊は【南】を一発ツモ! さらにウラドラが【南】! 電光石火の3000・6000で、松本を逆転。劇的な差し切りで、瀬戸熊が今季2勝目を獲得した。

瀬戸熊はインタビューで、

「(オーラス逆転の一発ツモは)めずらしくツイてたっていう感じですね。チームには今日は3着でもごめんって思いつつ、トップだけを狙ってました」

と語った。

【Result】
1着 瀬戸熊直樹・雷電 4万8400点/+68.4
2着 松本吉弘・ABEMAS 3万4400点/+14.4
3着 魚谷侑未・フェニックス 3万1600点/▲8.4
4着 二階堂瑠美・風林火山 ▲1万4400点/▲74.4

【Total】
1位 EX風林火山 +284.7(17/90)
2位 U-NEXT Pirates +75.2(18/90)
3位 渋谷ABEMAS +25.6(17/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +12.5(18/90)
5位 セガサミーフェニックス +10.1(17/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲27.0(17/90)
7位 KADOKAWAサクラナイツ ▲57.7(18/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲323.4(18/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvsフェニックスvs雷電

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月2日の対戦はEX風林火山vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:松嶋桃
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!