水平線の先に待つのは未来への航海か、過去への後悔か…船長・小林剛、一世一代の大勝負【Mリーグ2020観戦記3/12】担当記者:真中彰司

水平線の先に待つのは

未来への航海か、過去への

後悔か…船長・小林剛、

一世一代の大勝負

文・真中彰司【金曜担当ライター】2021年3月12日

3月12日、金曜日、20時55分。

一つの大きな大きなドラマが、区切りを迎えようとしていた。

各チームの思惑が激しくぶつかり合った、瞬き禁止の第1試合。

通過にはトップが必須だったセガサミーフェニックス魚谷侑未。激流に逆らい、力の限りを尽くして泳ぎ抜いた。

しかし結果は実らず、無念の箱下ラス。激流に飲まれ、広い大海原に消えていった。

連対が最低条件だったU-NEXTパイレーツ石橋伸洋。トップを走る白鳥翔に立ち向かい、34900点の2着という結果で自らの任務を全うした。

そして時は21時20分。最後の審判がやってきた。

3月12日 第2試合

いよいよレギュラーシーズン最終戦。アナウンスされたメンバーは以下の4人。

東家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ

南家:多井隆晴渋谷ABEMAS

西家:小林剛U-NEXTパイレーツ

北家:近藤誠一セガサミーフェニックス

パイレーツの通過条件は35700点以上のトップ。そして最終戦を託されたのは、もちろん船長・小林剛

相手は近藤・内川・多井の3人。そして座席は多井の下家という、難易度ベリーハードのクライマックス。

それでも積み上げたポイントと、繋いだバトンを最後まで届けられるのは、船長しかいないだろう。最終半荘の開始音が、今鳴り響いた。

東1局

親の内川が第一打に切り出したに、さっそくポンの声がかかった。

西家はそう、小林だ。

手牌はまだバラバラだが、役を確定させて前進。

これに内川もをポンして応戦し、2人のスピード勝負となった。

ポンが効く内川の方がやや優勢だったが、分岐点となったのはこの巡目。

を切ればイーシャンテンを維持できる場面。はポンテンが入る牌。

小林のスカウターが鋭く卓上を見つめ…

淡々と河にを並べていく。たった1巡の差だが、ポンの可能性も考慮した選択が功を奏し、内川のポンテンを防いだ。

結果は急所のが鳴けた小林が1000点のアガリ。トップ条件だからといってむやみに大振りはせず、確実に親を流した。

東3局

東2局は内川が3900でかわし、小林の親番がやってきた。

好配牌だ!4000オール、6000オールが見える。

しかしその親に、をポンして立ち向かう選手が1人。

ABEMASのドンにして、最速最強のラスボス、多井だ。

も鳴けて、光速のホンイツテンパイ。

パイレーツの条件を簡単に許すほど、甘い心は持ち合わせてはいない。全力でトップを阻止する構えだ。

一方の小林は、なかなか浮き牌にくっつく牌を引いてこない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!