男・仲林、キンマwebコラムを卒業します【仲林圭のゲスコラム】VOL.21

【仲林圭のゲスコラム】

VOL.21

 

 

こんばんは。キンマウェブの時間がやってきた。先日ついに今期のMリーグも終わりを迎えた。パイレーツの皆さんおめでとうございます。ちなみに小林剛さんと石橋伸洋さんとアサピン(朝倉康心)におめでとうのラインを送ったのだが、ゴーさんだけ既読スルーしている。AIには返信不要と認識されたのだろう。悲しい限りだ。

さて最近ハマっているアニメの話をしよう。そのアニメとはシュタインズゲートだ。佐月麻理子プロから今まで見たアニメで一番面白いと聞いたため、最近見始めた。結論から言うとめちゃくちゃ面白い。仲林もβ世界線であれば、こんなコラムを書かず、もしかしたらMリーガーになれていたかもしれない。どうせなれないだろうと言うツッコミは控えてくれ。

約半年ほど、このコラムを書いてきた。このコラムのおかげで麻雀界での仲林の認知度も上がってきたのは間違いない。本当にありがたい。フォロワーも始めた頃は2500人程度だったのだが、今では5000人を超えた。雀荘やバーなどで会うと読んでますと言ってくれる方も多く、嬉しい限りだ。先日は高校の同級生がわざわざゲストに来てくれたり、10年以上前に働いていた雀荘のお客さんも遊びに来てくれたりと、このコラムのおかげで懐かしい再会も果たしている。

なぜこんな話をし始めたかと言うと、ついにこの仲林ネタがなくなった。書くことが無いのだ。ネタの宝庫ではあるものの、自分の失敗談で本当に世の中に出してはいけないものや、他人の面白い話などはあるが、流石にそこは人として超えてはいけないところだと思うので書かない。書かないんじゃなくて書けない。言わないんじゃなくて言えないのだ。ヒソカだ。

つまりはこのコラムの終わりを意味している。今回で筆を置こうと思っている。百恵ちゃんも筆を置いたのだし、「鬼滅の刃」も「約束のネバーランド」も人気絶頂で幕を閉じたのだから、ダラダラと続けてもいいことはないだろう。短い間だったが、こんなくだらない文章を読んでくれて本当にありがとう。

これからはMリーガーを目指して、リーグ戦や麻雀最強戦などで頑張って活躍をしていきたいと思う。あれだけ感動する対局を見せられたら、やはりMリーグの舞台に立ってみたいと思う。そして、人気が出て、街中を歩いていたら“応援してます!”と言われ、ベンツを乗り回したいと思う。でも最初はやはり中古のベンツを買おう。それがMリーガーとしての登竜門であろう。

纏りの無い最終回で申し訳ない。色々な人に読んでもらい本当に嬉しかった。こんなにもアホがいるのかと、こんなヤツがいるならまだ自分の人生は捨てたもんじゃ無いと思ってもらえていたら本当に嬉しい。またいつか何か書く機会があればまた是非読んでほしいと思っている。

短い間でしたが、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうやって私はキンマwebの星野さんに原稿を送ったはずだった。やっと火曜日に原稿に追われる日々も終わりだ。自由の身になれた。そう思ったのも束の間だった。すぐに星野さんから恐ろしい返信が来たのだ。

 

「noteで書いてる高校編の続き書いてよ」

 

仲林には安息は許されないということか。勇者は魔王を倒した後もまた冒険に出なければ行けないのと同じだ。エスタークを倒すためにわざわざ毒の沼地に足を踏み入れる勇者と言うことなのか。わかった。そこまで言うのであれば高校編の続きを書いて見せよう。

というわけで、来週からは「仲林高校編」スタートとなる。みんな見てくれよな!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!