荒波が続くセミファイナルへの航路…瑞原明奈がもたらした薄氷の2着の「価値」【熱論!Mリーグ】担当記者:渡邉浩史郎

これに考え込む瑞原。

高宮の捨て牌はすべて手出し。の対子落としが入っているため、ドラドラの形だったことを考えると、それ以降に残っている牌は安全度が高いか手牌に関連する牌であろう。より安全度が確実に高いと言えるような牌を切っていないため、断言はできないが、それでも親の河やターツ落としの瑞原に通っていないは安全牌というよりはむしろ関連牌とみていいだろう。

2巡目にが切られているため、このが手牌に関連する形として考えられるのは

Ⅰピンズの連続形

 

Ⅱピンズのシャンポン形

 

Ⅲピンズのリャンカン形

 

といったところだろうか。

もし押すならばだろう。だがそうした場合、自分の手牌は2000点のカン待ち。一方でもし放銃したらラス目の高宮に8000以上の出費となり、一気にラス争いとなってしまう。

ここは何よりもそういう点棒状況が選択の要因になっただろうか。を抜いて降りに回った。冷静な判断だ。

もちろん結果でいえばは通っていた。仮に打牌後にそれを聞かされても、

「それでも今の点棒状況を考えればあの瞬間は降りしかない」

そう答えてくれるのが瑞原だろう。オリハルコンハートの持ち主だ。

それにしたって何もこんなを次巡に持ってこさせるのは、あまりにも残酷ではないだろうか。

ここでも小考に入る瑞原。もちろんここでの小考は前巡の選択への後悔ではなく。

自身の手の復活と安全牌へ意識を向けた小考だろう。の3枚落としになった。

この局は高宮の2000/4000ツモ。一見最悪の結果にも思えるが、瑞原からすれば親かぶりで近藤との点差を2000点縮めている。当然これも降りる判断要因に含まれていただろう。

東2局は近藤以外の3人テンパイで流局。ジリジリとトップに近づいていく。

【東2局1本場】

親の瑞原が嬉しい嬉しいを引いてテンパイ。愚形だが、ここは親リーチの魔法をかける。

これをツモって満貫のアガリ。4100オール+供託2本でトップ目に躍り出る。

【東2局2本場】

瑞原が攻め手を休めることなく仕掛ける。

ポン、ポンでテンパイ。カンだが・赤赤の打点を伴った仕掛け。

しかしこの瑞原の待ちを暗刻で使った丸山のタンヤオリーチ。

山が残酷とでもいうべきか、瑞原が一発で持ってきたのは当たり牌の

安牌がないこの手で止めるすべもなく、リーチ・一発・タンヤオの5200は5800の放銃。

ドリブンズからすればトップ争いに食い込む大きな一撃。パイレーツからすれば単独トップに躍り出るチャンスから引きずり降ろされる痛い直撃だ。

東3局は親の丸山のリーチが入り、二人テンパイで流局。

東3局1本場は丸山が1巡目Wポンテン12000を高宮からアガり、これで丸山がトップ目に。

かと思えば東3局2本場には高宮が近藤のリーチに8000は8600の放銃で今度は近藤がトップ目に。

箱下まで行ってしまった高宮だが、これで終わらないのが今期のMリーグ。

東4局親番で聴牌連荘、4100オールと繋いでいく。

【東4局2本場】

ここでチャンス手が入ったのは丸山。赤赤で両面2つに面子が1つ。

オタ風のを残して三元牌から打ち出していく。ターツが足りておらず、浮き牌も頼りない現状では役牌の重なりに頼りたくもあるが、ここはそれよりも先打ちのメリットを買った形だ。決まれば大きいだろう。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!