守備型なのに無筋連打! 藤崎智が今まで一度もラスを引かなかった理由【熱論!Mリーグ】担当記者:危険な鬼太郎

の場状は悪くはない。普通なら打点を目当てに沢崎はリーチするだろう。よりは当たりにくいと藤崎は読んだ。

最後も藤崎はソウズのを触らずに、中筋のを切った。それほどソウズのペンリーチやカンリーチの印象が強い。

何とか流局に持ち込み、ラス回避や着順アップを狙う。

東4局

藤崎がをポン!

場の状況としては2巡目でドラを切っている日向がをポンしている。やる気は満々な気配。

藤崎とてこれは二枚舌。筋のをとりあえず打ってテンパイが入ればも勝負できる。

もし、他家の攻め気配があればで降りればいい。

も暗槓してこちらもやる気は十分。

そしてたろうがリーチ!

は藤崎のホンイツに切れないと思いがちだが、暗槓も入って新ドラも見え自身も勝負手。小さなリスクで大きな点棒を貰えるのなら切る価値はある。

藤崎もこののカウンターのホンイツを作るものの、惜しくも流局。

南入しても藤崎は、南1局

たろうからリーチ一発ピンフの3900。

南2局1本場でも

普段のベースならばヤミテンにしたいところだが、ここはリーチで、

リーチツモピンフの700-1300のアガリ。アガリは続くものの裏ドラが乗らず、満足する加点をできずにオーラスを迎えた。

オーラス

藤崎がドラのカンをチー!

現状ラス目の藤崎。3着目の日向とは1100点差。2着目沢崎とは3100点差。タンヤオドラ1だと2着まではアガらないが、流石に手牌がキツイ。

ここはラス抜けが第一目標か。

さらにたろうがをアシストしてくれてこれもチー!

待ちだが、タンヤオなのででしかアガれない待ちだ。

露骨にたろうの手出し牌が増え、藤崎に差し込みを狙う物の上手く行かない。このペン待ちは読みからも候補からも外される待ちだ。

たろうを上手く使わなければ…。

ここで手出し。たろうに露骨にピンズ周りのアピールをする。

そしてをポンしてテンパイ。

テンパイだが、この余った

沢崎のロン牌。藤崎はMリーグで初めてのラスを引いてしまった。

皆さんはこの藤崎の麻雀を観てどう思ったのだろうか。私は非常に面白く感じた。藤崎はラス回避が凄くうまい雀士だ。

その雀士が序盤に12000を放銃してどのように巻き返していくのか?それにワクワクした。

去年は園田が魔法のような仕掛けをしてMリーグに旋風を巻き起こしてくれたが、私は藤崎の守備が、今期のMリーグで旋風を起こしてくれると信じている。

Mリーグは上位争いも下位争いもまだまだ波乱がありそうだ。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!