セミファイナル逆転進出へ…鈴木たろうと村上淳に託されたドリブンズの皮算用【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

「あっ!!」

対局をご覧になっていた方は、思わず声が出たのではないだろうか。

たろうといえば打点、打点といえばたろう。

そのたろうが一打目にドラを切ったのだ。

・トップ目につき、速度重視

・打点はホンイツでカバー

・どうせ後で切ることになるなら先に切ったほうが安全

ザッと思いつくのはこの辺りだが、対局後にたろうがもう一つの理由を教えてくれた。

それは、

「(自分がトップ目なので)一番怖いのは親の連荘。(自分がドラを切ることで場を安くして、)子がアガリやすい状況を作らないと、すぐ親に6000オールとか引かれちゃうからね。」

 

沢崎も3巡目に切り。

この手なら自然にを切ったかもしれないが、1枚見えていて重なりにくいという理由はもちろんあるだろう。

 

日向の手はこちら。

はポンする手だろうが、ドラが1枚も見えてないのと、ドラがすでに切られているのとでは仕掛けやすさも変わってくるかもしれない。

「子がアガリやすい状況を作る」

「本日のゼウスの選択その2」

第1打目から魅せてくれた。

たろうの目論見通り、この局は沢崎の一人テンパイで流局。

一番怖い親の連荘を防いだ。

オーラス

南場の親番でも加点したたろう。

オーラスを迎えてこの点棒状況。

親の日向以外のアガリなら、ハネマンツモでも変わらないし、マンガン放銃してもトップだ。

自身の配牌もまずまずだが、どのように進めていくだろうか。

 

親の連荘だけは阻止したいたろうの思惑とは裏腹に、親の日向がイーシャンテン一番乗り。

ドラのを切った後、と手出し。

いつリーチが来てもおかしくない捨て牌になっている。

 

形が決まったリャンシャンテン。

ドラのを切ると・・・

藤崎がチー。

このままではアガっても3着だが、親が今にも来そうなので四の五の言っている場合ではない。

たろうはメンツ完成。

を切らずに打

藤崎はの順番でターツを落としている。

マンズで残っていそうなのはだ。

 藤崎チーしてテンパイ。

待ちは苦しいが、上家に頼もしい味方が付いている。

 

たろう「これか?」

 

「これでしょ??」

自身のアガリは完全に諦め、藤崎と二人で半荘を終わらせに行く。

 

「違うんだよなあ・・・」

の方アガリでは苦しいと感じた藤崎。

イーシャンテンに戻してテンパイを組みなおしたが・・・

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!