おばあちゃんちで過ごした夏休み…仕掛けられたおとうさんトラップ【百恵ちゃんのクズコラム】VOL.16

航空会社のお姉さんが何人か集まって来て、このチケットでは飛行機に乗れないことを優しく説明された。

百恵ちゃんはパニックになった。
海を越えてやってきた知らない土地から帰れなくなったのだから無理もないだろう。その場で大声で泣いた。泣きゲロ寸前まで泣いた。

しかし賢い百恵ちゃんは混乱しながらもどうにかしようと嗚咽しながら自宅の電話番号を繰り返し叫び続けていた。地獄絵図である。

そうしていると奥から明らかに経験値を積んでいそうな偉い感じのお姉さんが出てきた。
百恵ちゃんをなだめ、電話番号はもういいことや今から北海道に帰るにはどうすればいいかをゆっくり教えてくれた。

百恵ちゃんは泣き止み、深呼吸をしてからボソッと

「お金なら、あるんです」

と言った。本当に余計な一言だったと思う。

お姉さん曰く自宅の電話は繋がらず自分でチケットを取らなければならないとのことだった。スカイメイトというものに入れば当日でも安くチケットを手に入れることができるということでその泣きはらして目が半分になっているなか証明写真を撮らされた。

そしていよいよ手続きを行おうとしたところ、また問題が起こった。

百恵ちゃんは身分証を持っていなかったのだ。

もうきっと一生北海道に帰れないんだ、と人生を諦めかけていたところ、またお姉さんがやってきて

「会議の結果、今日はこのチケットで乗っても大丈夫ってことになったよ」

と言ってくれた。

それなら最初からそうしてくれれば良かったのに、とは思ったがそれは言わなかった。

そうして百恵ちゃんはボロボロになりながらも北海道に帰ることができた。

田渕家のおかあさんトラップおとうさんトラップはいつ何時でもやってくるので常に警戒しなければならないことを学んだ。

 

次回は2月13日(木)午前0時更新予定‼︎

【田渕家登場人物紹介】

父 コージ:元陸上自衛隊幹部高卒ながら佐官まで登り詰めるも「髪型が奇抜すぎる」という理由で100年に1度あるかどうかの異動の内示取り消しをされた経験がある。現在は三度目の暖かな家庭を築いている。

・母 イクコ:美容師。美容室を自宅で開業するもパチンコにハマり開店休業状態を約20年続けた猛者。おそろしいほど料理が下手。ツーブロックにしたことがある。近況を知らせる連絡では年下のペンキ屋さんとお見合いをしたらしい。

・姉 タエ:無職。1度も定職に就いたことがなく家賃を滞納してはクビが回らなくなりお父さんに払ってもらいに帰ってく るお調子者。過去に大きな交通事故に遭いウン百万円もの保険金を手にするが全てホストクラブに費やした経験がある。

・エリー:田渕家の飼い犬。詐病のプロ。足をひきずったり弱ったふりをしては人間に甘やかしてもらう。動物病院で『至って健康』という診断をされるとそれまでの弱りっぷりを忘れ、凛々しい顔で帰ってくる。趣味は父の顔に噛みつくこと。オスだが思いつきでエリーと名付けられた。

・マイちゃん:母親同士が同じ美容師で仲が良く、物心がつく前から一緒にいた幼なじみ。かなりの美人だが偏差値は2くらいしかない。現在は3人の子供を産み働きながら育てているが一度も結婚したことはなく、更に子供たちは全員父親が違うという斬新なファミリーを築いている。そして最近ロシア人の子供を産んだばかり。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!