和久津晶、フェニックスを400Pの 大台に乗せる、3勝目獲得!!

和久津晶、
フェニックスを400Pの
大台に乗せる、3勝目!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の73日目第2戦は、和久津晶セガサミーフェニックス)がトップを獲得。

和久津は序盤から1300オール、3900と着実にリードを築いて有利に試合をすすめる。ラス前に萩原の一発ツモで逆転されるも、オーラスで再度逆転。個人3勝目をあげて、フェニックスは400ポイントオーバーの単独首位独走状態となった。

2回戦の対局者は、U-NEXT Pirates石橋伸洋TEAM雷電萩原聖人赤坂ドリブンズ丸山奏子、そして和久津。

東2局1本場、和久津は丸山とのリーチ合戦に打ち勝って3900点プラスリーチ棒を得る。

そして和久津リードで局は進行するが、南3局に萩原がリーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤1の2000・4000のアガリで、和久津を300点かわしてトップ目に立つ。

オーラス、8巡目にチートイツをテンパイした和久津。親の石橋のテンパイ、丸山の逆転手のテンパイを抑えて見事ツモアガリ。800・1600でトップ逆転。首の皮差で和久津が3勝目を勝ち取った。

勝利者インタビューで和久津は「言葉がでないほど嬉しいです。オーラス行き過ぎてしまって、チーム戦でいいところにいるのに、打ったらごめんなさいと思ってトップを取りに行きたかったんで頑張りましたと語った。

【Result】
1着 和久津晶・フェニックス 3万4500点/+54.5
2着 萩原聖人・雷電 3万800点/+10.8
3着 石橋伸洋・パイレーツ 1万8300点/▲21.7
4着 丸山奏子・ドリブンズ 1万6400点/▲43.6

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +413.3(74/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +117.9(74/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +45.4(74/90)
4位 渋谷ABEMAS +12.2(74/90)
5位 TEAM雷電 ▲0.6(74/90)
6位 U-NEXT Pirates ▲24.6(74/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲244.1(74/90)
8位 EX風林火山 ▲339.5(74/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

2月11日の対戦は
Pirates vs雷電vsフェニックスvsドリブンズ

キャスト

U-NEXT Pirates
TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
赤坂ドリブンズ
実況:松嶋桃
解説:多井隆晴
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
大和証券 Mリーグ2019 U-NEXT Pirates vs TEAM RAIDEN / 雷電 vs セガサミーフェニックス vs 赤坂ドリブンズ

この記事のタイトルとURLをコピーする

ツイッターでも毎日情報を発信中!