これが新型セレブ打法!進化する黒沢咲、異形のテンパイ外し‼︎【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

これが新型セレブ打法!

進化する黒沢咲、

異形のテンパイ外し‼︎

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年2月13日

2戦目

東家 朝倉康心U-NEXTパイレーツ

南家 内川幸太郎サクラナイツ

西家 黒沢咲TEAM雷電

北家 松本吉弘渋谷ABEMAS

白鳥の衝撃の3倍満の興奮も冷めやらぬ中、ボーダー決戦は2戦目に突入。

3倍満の煽りを受けて、痛恨のラスを引いてしまった雷電。

2戦目はセレブ打法でお馴染み、黒沢咲が出場。

東1局

まずはこの手。に手がかかる打ち手が多いだろう。

しかしセレブは打を選択。最高形を123の三色に決めた。

最高形を狙いつつ、いざとなればを落として降りることもできる。

すぐにを引いて裏目になってしまうも…

「こんな平凡なターツなんて、無くても大丈夫よ!」

セレブ打法に犠牲はつきもの。全く動じない。

しかし、驚いたのはその次だ。

松本から打たれた2枚目のを、ポンしたのである。

黒沢なら2枚目も平気でスルーしそうな気がしたが、今回は別ということか。

これを見て、松本はすかさず現物のを抜いて対応。

「副露率8%…消費税より鳴かないセレブが鳴いた!?2鳴きとはいえ、3900以上はありそうだな

セオリーとして「役牌を2鳴きする人は安い」という考え方があるが、こと黒沢に関してはそのセオリーが通用しない。

しかし、今回の黒沢の手は・赤1の2000点。

「黒沢ブランド」を逆手に取った奇襲で先制した。

東3局

変化球を見せた後は、本手がやってくる。

親番では、配牌から索子の染め手に一直線。

ドラ表のも早々に手放し、完全に染まり切った。

しかしが2枚切れ。ホンイツ七対子に向かうしかないだろう。

そこに松本からのリーチを受けて、持ってきたのは

無筋だが、を切れば単騎で七対子テンパイだ。

しかし、黒沢の脳内では別のストーリーが描かれていた。

「確かにメンホンだけどこんなテンパイじゃ納得できないわ!」

なんと、せっかくのホンイツ七対子の聴牌を崩した!

そしてではなく、を持ってきてテンパイ復活ときた。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!