惨劇の風林火山…滝沢和典と勝又健志は “伝説を超える奇跡”への布石は残せたのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

後がないEX風林火山は立ち直ることができるのだろうか?

 

214

1試合

東家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

南家 滝沢和典EX風林火山

西家 茅森早香セガサミーフェニックス

北家 前原雄大麻雀格闘倶楽部

本日の第1試合は先の試合で「ひどい放銃」をしてしまった滝沢が登場。

前回の反省もあってか、いつもにもまして慎重に打ち進める。

3

上家のたろうのリーチを受けた滝沢。

前巡は筋のを勝負してまだまだ戦うつもりだ。

をツモってドラのを切ればテンパイだが、ここはいったん現物ので迂回。

待ちも打点も見合わないという判断だ。

4枚目のを引いて再びテンパイ。

今度はドラを使えるのでリーチの選択もあったと思うが、現物のを切ってテンパイ取らず。

ドラ表示牌のペンチャン待ちでは勝負するに値しなかったか。

次巡が暗刻になって三度目のテンパイ。

今度は待ちも打点も見合うということで、通っていないをスッと切ってテンパイを取った。

直前にが切られていることもあって、ダマテンを選択。

アガリには結びつかなかったが、いつもの滝沢が帰ってきたように感じた。少なくともバックのイーシャンテンからから無筋を打つような焦りはみじんも感じられなかった。

1

役牌を仕掛けている親のたろうがテンパイ一番乗りを果たす。

ドラドラで5800点だ。

 

前原もテンパイ。

を切ってリーチに踏み切る。

そこに滝沢も追いつく。

を切って待ちダマテン

リーチの前原の河にがある。

現物待ちで他家からのオリ打ちを狙った。

切りリーチとはいえ、は危険な牌。

「どうせ危険な牌を切ってテンパイがバレるくらいならリーチ」

という考え方もあるだろうが、ダマでマンガンの手。

焦ることなくダマテンに構えたのは好判断だったと思う。

しかし結果は前原のツモアガリ、勝負手が実らず苦しい展開だ。

オーラス

南3局に前原がマンガンをツモった以外は大きな点棒移動がないままオーラスへ。

滝沢は3着目だ。

配牌はこちら。滝沢がトップになる条件はハネマンツモか、前原からマンガンの直撃だ。1000点でもアガればたろうをまくって2着になれる。

を重ねて切り。

自然に打つならを切るところだが、場に1枚切れているを切った。

チートイツを狙って少しでも重なりやすい牌を残したということか。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!