Mリーグを10倍楽しく「見る雀」するマガジン第5回(3/23〜3/31放送分) 3/23 1戦目 瑞原明奈 オーラスでの逆転手順

そう、沢崎だ。

沢崎の河はこのようになっている。

リーチ

リーチを受けた段階で、イーシャンテンだった前原。

この手から、

を抜いてメンツを崩した。沢崎は近藤をマクれる高打点の手でリーチに来ているはずだ。そして、近藤以外から出た場合も、チームの素点を考えて見逃さずにアガる可能性がある。

ハネマンを打つとラスになってしまう前原が、おいそれと沢崎のリーチに一発で打つわけにはいかない。トイツ落としの途中であるが浮いているならなおさらだ。

ん???

「チー」

これは、瑞原がチーして満貫テンパイをとれる牌だ!

しかも、沢崎からリーチ棒が出たため、瑞原はどこから満貫を出アガっても3着となる。

瑞原は初めから、勝負に来た選手がリーチ棒を出す可能性も考慮して、この仕掛けての満貫ルートを意識していたのかもしれない。

としてペンテンパイ。このは沢崎に通ると見て切るのを後回しにした牌だ。

だが、満貫とはいえ瑞原の待ちは愚形。すんなりとアガるのは難しい。

瑞原が次にツモったのは、

…沢崎には通っていない。

険しい表情。放銃してしまえばラスのままゲームセットだ。

けれども、ここは行くしかない。を勝負。

このに声がかかることはなかった。

さて、ここまで気配を消しているかのように静かだった近藤に、

ドラ4のテンパイが入る。

しばしの思案ののちに近藤は、

を押して、ダマテンを選択した。なんと言っても沢崎に満貫を打ち上げて逆転されるわけにはいかない。ツモって自身がアガる可能性と、危険牌を引いてまわる可能性とを両方残した選択だ。

また、近藤がリーチをすると、瑞原が次局に期待してオリてしまうこともあるだろう。自分がリーチをしないことで、このまま沢崎と瑞原の横移動決着に期待して、近藤自身がトップのままゲームが終わるように、という狙いもあったように思う。

まさにオーラスにふさわしい手に汗握る展開。

瑞原がツモってきたのは、

。沢崎にも近藤にも通っていない。

瑞原は、

気合いを込めて切り飛ばす。

だが、これだけ通しても瑞原のアガリ牌は顔を見せない。

そして、

瑞原が次に引いたのは、さらなる危険牌のだった。

厳しすぎる。さすがにもうそろそろ当たっても不思議ない。

それでも、

「私はこの局、最後まで攻め続ける」

瑞原の打牌からは、そんな気持ちが伝わってきた。

も通った。

沢崎の待ちは、

カンだった。リーチタンヤオ三色。近藤から出アガるか、ツモって裏1なら逆転の手。

次の手番は近藤。

!これは沢崎のアタリ牌だ!

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!