茅森早香、闇に潜んで敵を討つハンター【Mリーグ2022-23観戦記11/14】担当記者:東川亮

茅森早香
闇に潜んで
敵を討つハンター

文・東川亮【代打ライター】2022年11月14日

Mリーグではかつて「平均打点」を個人賞として表彰していた。2年目以降は表彰対象が「最高スコア」に変更されたため、このタイトルを獲得したことがあるのはMリーグでたった一人。

「打点女王」こと、茅森早香である。
茅森は、「1日1ハネ(満)」を掲げるほど高打点を意識した手組みをする打ち手であり、実際に昨シーズンの平均打点は8084点、子の満貫を超えている。だが、彼女はやみくもに高い手ばかりを狙っているわけではないのだ。

第2試合
東家:茅森早香(セガサミーフェニックス) 
南家:萩原聖人TEAM雷電
西家:高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部
北家:渋川難波(KADOKAWAサクラナイツ)

放銃で親番を落とした東2局、茅森に先制テンパイが入る。待ち取りを【1ピン】【4ピン】【3ピン】【6ピン】【發】で選べる形。

茅森は【3ピン】【6ピン】【發】待ちでリーチをかけた。見た目から引き算した枚数では、どちらも5枚残り。萩原・渋川が1枚もピンズを切っていない、あまり情報のない状況なら、確実に1枚ある【發】を狙いにいった方が打点的にも見合う、という判断だろうか。

実際、この段階では全員が【4ピン】を使ったターツを持っており、【1ピン】【4ピン】待ちは【1ピン】が2枚だけ。対して【3ピン】【6ピン】【發】はそれぞれ1枚ずつ、全部で3枚あった。

打点女王なら、ツモるのは高目。リーチツモ【發】赤、裏ドラは乗らずとも2000-4000のアガリで、すぐに失点を取り戻す。

そして、次の東3局が面白かった。茅森の手は、ツモに導かれるように789三色へと向かっていく。

終盤にテンパイ。高目安目がある手だが、リーチをすればリーチピンフドラ赤、高目【9ソウ】ツモでハネ満の手だ。だが、茅森はこの手をダマテンに構えた。理由はいくつかある。

まず、巡目が深いこと。そもそも、ソーズの上目が場にほとんど見えていない状況で、ドラまたぎの【6ソウ】【9ソウ】待ちは特に警戒されるところだ。終盤ともなれば、押し返しを諦めてオリられてしまうことも十分あり得るだろう。

そして対面の高宮が直前に【9ソウ】を切っている。親の現物ということで、親のアクションがあったときに拾える可能性が少し上がっている。そのような、場の状況を見据えてのダマテン

ここで注目してほしいのが、茅森の所作である。【3ピン】切りは、あまりにも自然でスムーズだった。高宮の【9ソウ】ツモ切りからわずか数秒でのできごと。その間に狙いを定め、気配を消すことを決めたのだ。これはぜひ、ABEMAプレミアムでご確認いただきたい。

これに捕まったのが、2つ仕掛けていた渋川。カン【8ソウ】待ちから【白】を暗刻にし、ドラ単騎待ちへと受けを変えて切り出した【9ソウ】

茅森の牙が突き刺さった。

茅森はよくネコになぞらえられるが、高打点を的確に仕留めるハント能力は、さながらヒョウやライオンといった、ネコ科でも瞬発力や攻撃力に秀でた動物のようである。


その後、渋川の6000オールなどがあり、茅森は2番手で南場の親番を迎える。5巡目にしてチンイツが見える牌姿になっていたが、【7ピン】が重なったタイミングで【9ソウ】をリリース。親番、かつ【5ソウ】が既に3枚切れていることもあり、チートイツなどのルートも残した。

そして、テンパイしたならここはリーチ。先ほどと違い巡目も浅く、ドラスジはそう簡単に出る牌ではない。だったらリーチで打点を引き上げにいく。最終的には同じテンパイでのリーチになっていただろうが、ここで出る牌が【7ピン】なのか【9ソウ】なのかというところに、茅森の手組みに関する柔軟な考えが見て取れる。

萩原の追っかけリーチを受けるが、それを振り切ってツモアガリ。ちなみにこのとき、残っているのがドラの【2ソウ】【赤5ソウ】なので、高目安目はなかった。

リーチツモピンフイーペーコードラ、そこに裏ドラ1枚が乗ったのが大きい。「1日1ハネ」をクリアする6000オールで、渋川を逆転してトップ目に浮上した。

次局もダマテンで高宮から12000は12300を直撃。これで持ち点は6万点を超え、トップはほぼ安泰と言えるリードを築いた。

オーラスは親の渋川のリーチに対して、

宣言牌【2マン】をチーして一発を消しつつテンパイを取るが、

切りにくい【2ピン】をつかんで撤退。

その後、高宮がなかなか珍しい【2ソウ】【3ソウ】【4ソウ】【5ソウ】【6ソウ】待ちで追っかけリーチをかけ、最後は渋川を直撃して2位浮上を果たし、試合は終了した。


茅森のこの日のアガリは4回で、収入は8000、8000、18000、12000(本場、供託を除く)。打点女王のアガリは、この日もやっぱり高かった。この日見せたような高打点への嗅覚、そして冷静に仕留める決定力こそが、彼女の最大の武器だと言えるだろう。特に、渋川から打ち取った東3局のダマテンは秀逸だった。
リーチとダマテンを駆使して高い手をアガっていけば、自ずと警戒も厳しくなる。そのなかで、相手が守備にまわる回数が増えていけば、自ずと茅森が高打点を決める回数も増えていくはずだ。

昨シーズン、チームが苦しいときにポイントを稼いで踏みとどまれたのは、茅森の活躍が大きかった。今シーズンは近藤誠一が苦戦しているが、チームには心強い「打点女王」がいる。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!