魚谷侑未に死角なし!鋼のメンタルが織りなす鬼気迫る攻めと鉄鱗のガード【熱論!Mリーグ/FS2日目】担当記者:渡邉浩史郎

松本から出たをポンしても……

タンヤオ赤の2000点両面テンパイなど、取る気なしといった具合だ。

親の現物となったも残さない。東1局でを鳴いていた打ち手と同じとは思えない打点への執着だ。

松本がをカンし新ドラがになったことで、魚谷の手がドラ3のマンガン以上に跳ね上がった場面。カンの受けができたが……

なんと魚谷はカン!!!

この局、この牌譜を見せたときに魚谷のものだと当てられる人は恐らくいないのではないだろうか。

憶測ではあるが、第一打が二人いることを踏まえてにそこまで良さを感じていなかったのだろう。鳴いてテンパイを取るときに出るの危険度を踏まえた上でのカンではないだろうか。

ぜひとも魚谷本人から聞いてみたいところだ。

さて、この後親の沢崎、

そして松本と、立て続けにリーチが入る。どちらも超弩級の勝負手だ。

魚谷もツモ切られたをポンしてテンパイ!だが……

次巡持ってきたのは二人に無筋の……

ここはで降りに回った。がカンされていてが両者の現物のため、単純両面には当たらない牌だ。少考は変則多面張やシャンポンの可能性の確認だろうか。

非常に熱い一局だったがここは流局。今期の魚谷の打点へのこだわりが如実に感じられた一局であった。

【南1局】

松本のアガリで南入した場面。

魚谷はここから……

を切っていった。のシャンポンリーチなどはアガリやすそうということで、残す人もいるのではないだろうか?だがこの手は打点もなく、何より手が遅いために先に良い待ちの部分が切られてしまいやすい。ここはより遠くの良形・高打点を見た対子落としから始めていった。

構想通りのイーシャンテンになるも、松本のアガリでこの局はアガれず。

南2局では親のリーチに場況良し打点良しの愚形でしっかり立ち向かい……

しっかりとマンガンのアガリをものにした。

【南4局】

大きな横移動もなく、トップ目で迎えたオーラス。

親の沢崎の役牌仕掛けが入っている局面。

魚谷は打とした。役ありのテンパイがほしい局面。受け入れ枚数なら打だが単純にテンパイしたときには二分の一の確率で愚形が残る。それならばマンズの形を活かして役ありを目指していきたいところだ。

を引いてテンパイ。役ありを目指すなら落としだが……

リーチとした!!

これは何より沢崎の河のが持つ意味が大きいだろう。まっすぐ来る親の沢崎はを持ってないし使えなさそうで掴んでもツモ切りそう。そして脇の二人も前に出る沢崎と魚谷のリーチ、両方をケアすると沢崎の現物で魚谷の筋のが出ておかしくない。

これを見事にツモアガり、裏ドラも二枚乗っけてマンガン。ファイナルシリーズ二連勝の第一陣を切った。

3回のマンガンアガリとノー放銃、どれもが的確な状況判断に基づくものであり、危なげなくトップを勝ち取る姿はフェニックスファンからすればこれ以上頼もしい存在もないだろう。フェニックスは不死鳥のように、再び首位を飛躍し始めている。

それでも敢えて、まだファイナルは始まったばかりと言わせていただこう。

来週最後に笑うのはどのチームなのか、固唾を飲んで見守りたい。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!