萩原聖人、待望の2勝目獲得!! 雷電、プラス圏へ浮上し、3位へランクアップ!!

萩原聖人、

待望の2勝目獲得!!

雷電、プラス圏へ浮上し、

3位へランクアップ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕58日目、第1戦は萩原聖人TEAM雷電)が、トップを獲得。開局の親で5万点を超える点棒を稼いだ萩原は、中盤で日向に逆転されるもラス前で一発ツモをみせて再逆転。萩原は2勝目を獲得し、雷電は得点プラス圏に入り3位に浮上した。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾セガサミーフェニックス魚谷侑未渋谷ABEMAS日向藍子、そして萩原の4名。

開局から親の萩原が快調にとばす。6巡目にを含むのトイツ落としから入って、8巡目にマンズのホンイツをテンパイした萩原、ヤミテンにかまえて次巡に高めのをツモアガリ。ツモ・ホンイツ・赤1の6000オール。

1本場では、南家・堀とのリーチ合戦。首尾よく堀からを召し捕って、リーチ・ピンフ・赤2・ウラ1の12000点。

絶好調の萩原に待ったをかけたのが、西家・日向。2本場でリーチ・ツモ・タンヤオピンフ・ドラ1・赤1の3000・6000で萩原に親かぶりさせると、東2局1本場では、リーチ・一発・ツモ・タンヤオの2000・4000のツモアガリ。

さらに南1局の萩原の親番で、日向はドラをアンコにしてのシャンポン待ちテンパイ。ヤミテンにかまえていたところ、ひょっこりとをツモアガリ。マンガンを加点してついに萩原を逆点。

勝敗を決したのは南3局1本場。8巡目、萩原がドラ1の手をのシャンポン待ちでテンパイして即リーチ。そして一発でをツモアガリ。今度は日向にマンガンを親かぶりさせて、再逆転。萩原が2勝目を獲得し、雷電は麻雀格闘倶楽部をかわして3位に浮上した。

萩原はインタビューで、

「頭真っ白ですね。とにかく手が入ってくれて、素直に打ったらアガれたっていう感じだったんで…。やっぱりみんな強いからどんな状況でも気が抜けない、簡単にはトップを取らせてもらえない、そんな感じでした」

と語った。

【Result】
1着 萩原聖人・雷電 4万8600点/+68.6
2着 日向藍子・ABEMAS 3万8200点/+18.2
3着 魚谷侑未・フェニックス 1万100点/▲29.9
4着 堀慎吾サクラナイツ 3100点/▲56.9

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +444.9(57/90)
2位 EX風林火山 +308.9(58/90)
3位 TEAM RAIDEN/雷電 +37.3(57/90)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲16.4(58/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲88.4(58/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲99.5(57/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲238.5(57/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲348.3(58/90)

「大和証券Mリーグ2020 サクラナイツvsフェニックスvsABEMASvs雷電」

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月15日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!