鳴かない村上と逆に鳴きまくる小林!流石の安定感で手に入れたチーム2勝目 【Mリーグ2021観戦記 11/1】担当記者:危険な鬼太郎

鳴かない村上と

逆に鳴きまくる小林!

流石の安定感で

手に入れたチーム2勝目 

文・危険な鬼太郎【月曜担当ライター】2021年11月1日

「魅せる」麻雀が得意な選手はMリーガーにも多くいるが、これが「見せる」麻雀になると一番これが得意なMリーガーは間違いなく小林剛だと思う。

なまじ麻雀という物は綺麗に打つのが本当に難しい。ちょっと手が触れるだけで山は簡単に崩れるし、放送対局になると自分の腕でカメラから手牌が隠れるという事もよく見かける。

小林の麻雀はとても難しく複雑な物で簡単には真似できないが、反面その所作は初心者はおろか上級者でも学ぶべき点が多くある。

【2回戦】

東2局 親・小林 ドラ【8ソウ】

小林が安定の鳴き。【2ピン】をポン!

小林得意の2900点の鳴き。タンヤオ【中】バックの両天秤。鳴きの判断が常人よりも早い。

この手牌で嬉しいのが全部のドラに対応出来る所。ドラの【8ソウ】や他の赤牌を1枚でも引ければ一気に5800まで打点が上がる。それに他家にリーチをされても【中】の対子落としで回る事も出来る。

攻守兼用の仕掛け。そして最終的には

一人聴牌で3000点をがっぽりと貰う事に成功。コツコツと点棒もかき集め足場を固める。

東3局 親・村上 ドラ【1ソウ】

もう小林がやりたい放題に鳴きだす。まだ1巡目なのにも関わらずオタ風の【南】【西】をポン!

ソウズのホンイツにまっしぐら。上手く【東】【北】を重ねられると役満の小四喜まで狙えるかもしれない。

この小林の仕掛けに物凄く困ったのが親番の村上。

手牌で唯一出来ているメンツを壊す一打である打【5ソウ】として早くも小林に受ける。

いくら鳴きが多い小林の仕掛けとは言え、オタ風を二つ鳴いている小林が1300点の役牌のみという事は無い。トイトイなりホンイツで役と打点を作っているはずだ。

手牌に浮いている【東】【白】はそのどちらにも関連する牌なので切れず、ここは七対子に舵を切る。
その間に小林は【3ソウ】をチーして

ホンイツドラの【2ソウ】【5ソウ】の聴牌を入れる事に成功。小林の一人旅になるかと思いきや… 受けに回っていた村上が浮いているソウズと字牌を全て対子にして

七対子ドラドラの【1ピン】単騎のリーチを打つ! あんなに小林の仕掛けに絞りながらよくこんな勝負手を作れる物だと思わず関心してしまう。

惜しむらくは… この【1ピン】は堀に暗刻でもう山には残っていなかった事か。

ここは村上が【2ソウ】を掴み

小林にホンイツドラの3900点の放銃となる。小林の仕掛けが今局も見事に決まった。

東4局 親・堀 ドラ【5ピン】

小林に物凄い入り目で物凄い聴牌が入る。

画像 8

【3マン】を引いて【1マン】【2マン】【4マン】待ちの変則三面張の聴牌。【4マン】だとタンヤオに三色まで付く化け物手。

そしてこの小林のリーチ宣言牌の【6ピン】に思わず手が止まったのもおなじく化け物手が入っている村上。

自身の手でドラ4の手牌を貰っている村上。この【6ピン】を鳴いても聴牌はしないが、村上はこれを【赤5ピン】【7ピン】のカン【6ピン】の形でチーし、打【9ピン】としてのタンヤオに移行しようと考えている。

なまじリーチ者が上家なだけに村上は考える。

「ここで手牌をタンヤオにしておけば上家の小林はリーチしているのでなんでも鳴ける。しかし… この手牌がたったの8000点でいいのか? ましてやこの点棒状況で」

村上はグッとチーの声を飲み込んで自分のツモに懸ける事を選択した。

「リーチ!」

ここで【6マン】を引くか村上。胆力の【3ソウ】【6ソウ】の確定跳満のリーチ宣言! この手さえアガリ切る事が出来れば一気に局面はひっくり返る。

だが…。小林が安目ながら【1マン】を一発ツモ。

リーチ一発ツモピンフの1300-2600のアガリ。鳴いてよし、メンゼンよしの小林ほど怖い物は麻雀には存在しない。

村上も【6ピン】をたとえ鳴いていたとしても【1マン】をつかまされていたので、どうしようもない。

南1局 親・伊達 ドラ【2ピン】

小林は点棒を持ったらそれを離さない。小林は安目の【6ピン】を引いて愚形残りではあるもののリーチ宣言。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!