VTuber千羽黒乃の麻雀講座【第4回】4倍アタックチャンスを見逃すなかれ、じゃ!

すなわち、この場面での「4倍アタックチャンス」とは
・赤1の2000点」と「・混一色・赤1の8000点」を配牌の時点で比較し、後者を選択して
いるということじゃ。

たとえば字牌の種類と赤の有無を変えた

(自分は南家) ドラ

こんな配牌の場合、筒子の混一色へのなりやすさは変わらずとも、「リーチ・平和の2000点」
と「混一色の2000点」との比較になるわけじゃ。

そう、せっかく手間隙かけてを落として混一色に仕上げたとしても、こちらの場合は打点が
上がってないのじゃ! 混一色・対々和に寄せるときには、役牌やドラなど「他の部分で+2翻
が見込めるか」というのを基準に考えると、打点力は一層アップするはずじゃ!

こんなときにも「4倍アタック」! その他の例も紹介じゃ!

 ドラ

既に聴牌しており、
切りなら待ちのリーチのみ、1300点
切りならばカン待ちのリーチ・三色の5200点!
こんなケースでも「4倍アタック」じゃ!
ここも「2回に1回もらえる1300円と、4回に1回もらえる5200円」を比較し、待ちが悪くなるの
は百も承知と、元気に切りでリーチ宣言じゃ!

鳴いた手、聴牌している手から「4倍アタック」になるケースもあるので紹介するのじゃ!

ポン ポン ドラ

既にの両面待ち、2000点の聴牌をしている状態。
ここからでも他家から出たをポンして打とすることで対々和をつけることが
できるのじゃ!
待ちはシャンポンになるものの、打点は4倍の8000点にアップ! 刻子の多い仕掛けをしている
時には、対々和への変化を見逃さないよう意識しておきたいものじゃ!

忘れず確認! 「ちゃんと4倍になってるのじゃ?」

さて、これらの打法を実戦に活かすにあたって気を付けることがあるのじゃ! それはちゃん
と「4倍アタック」になってるか? ということ。

ポン ポン ドラ

たとえば初めに紹介したこの牌姿。ドラがの時は打が「4倍アタック」となり、待ちの狭さ
に見合うリターンが見込める一打と説明したのじゃが…

ドラがだった時は…

・打・赤1・ドラ3。リャンメン待ちの8000点
・打・対々和・赤1・ドラ3。シャンポン待ちの12000点
役は対々和の2翻分増えているのに、打点は1.5倍にしかなってないのじゃ!

ドラがだった時は…
・打・赤1・ドラ1。リャンメン待ちの3900点
・打・対々和・赤1。シャンポン待ちの8000点

と、こちらも打点は2倍止まりなのじゃ。

これは麻雀の得点が「4翻までの手は1翻ごとに点数が倍になるけれど、満貫を超える和了は伸
び幅が固定されてしまう」という計算をするため。
状況にもよりけりじゃが、「まっすぐ進めても3900点以上あり、二翻アップしても打点の伸び
が2倍以下の時」には広くて早い方に受けるのがオススメじゃ!
(自分が和了ることには他家の和了を阻止する=失点を防ぐ効果もあるため、打点が2倍になっ
ても和了率が半分になる場合は和了りやすい方に受けるのが無難そうじゃ!)

そして「4倍アタック」の効率が最も良いのは、2000点が8000点になるケース!
配牌に役牌トイツとドラが1枚あった時などは、対々和や混一色などの二翻役をセットで付けら
れないか考えるようにすると打点力はぐーんとアップするはずじゃ!

ちなみに1000点の手を3900点に仕上げるのも確かに「4倍アタック」と呼べるのじゃが…和了
に向かって遠回りしたり、待ちを悪くする労力の割に打点アップの効果が少ない(約4倍とはい
え+2900点…ちょっとしょんぼりじゃ)ので、「1000点の場合はやや4倍アタックの優先度が下
がる、無理に狙うシーンは少なくなる」というのも一緒に頭に入れておくと良いじゃろう!

今回のまとめじゃ!

・打点が4倍になるチャンスを逃さない! 特に2000点→8000点の変化はとっても偉い!
・対々和・混一色は鳴いても二翻になる、4倍アタック界のツートップ!
・まっすぐ進めても3900点以上になる手から、更に4倍になるケースは非常に少ない! ちゃん
と打点が4倍になってるか確認じゃ!
・点数計算が分からない方は、合わせて前回のコラムを読むのがおすすめじゃ!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!