得意なのは派手なアガリだけじゃない! 均衡した好ゲームを作り上げたチーム雷電・黒沢咲のセレブディフェンス【Mリーグ2020観戦記11/5】担当記者:ゆうせー

得意なのは派手な

アガリだけじゃない! 

均衡した好ゲームを

作り上げたチーム雷電

黒沢咲のセレブディフェンス

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2020年11月5日

1戦目

東家 瑞原明奈(U-NEXT Pirates)

南家 白鳥翔(渋谷ABEMAS)

西家 魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

北家 黒沢咲(TEAM雷電)

実況 日吉辰哉 解説 滝沢和典

「カン」

南1局。それまでの団子状態から抜け出すべく、親番の瑞原は勝負に出た。

新ドラは…

!!!!

だ!持ち主は瑞原、ただ一人。

リンシャンから引き寄せたのは、

、計5枚のドラがある。

世界中の神様にお願いしてでもアガりたい。そんな手牌だ。

だが、瑞原のピンズは動きを見せない。

進む巡目のなかで、イーシャンテンになった選手が一人いた。

黒沢だ。

黒沢は、ほんの一瞬、瑞原のほうを見やって、

を切りだした!

チートイツで最も使いにくいのは、新たにドラ表示牌でめくれただ。けれども、万が一親に鳴かれたら目も当てられない。それは、ドラそばのにも言えることだ。

黒沢は手作りで妥協をしない。Mリーグファンにとっての常識であろう。

そしてさらに、黒沢は守備面でも甘えない。

自分の手が育ったときは別だ。この半荘も鬼神のような攻めがあった。

しかし、

「これくらい大丈夫かな…」

と思うような牌はしっかりと押しとどめる。その辛抱が、他家のチャンスを摘み、自身の点棒を守り、そして長打を決めたときのトップへとつながっているのだろう。

この局は、

全員ノーテンで流局。親の上家に座った黒沢をはじめ、子方3人が力を合わせて瑞原を封じ切った格好だ。

均衡が崩れたのは南3局

瑞原が、高目ツモ倍満のダイナマイトリーチを放つ。

「ツモ」

アガったのは、魚谷だった。ツモピンフイーペーコードラドラ、4000オールのアガリ。

瑞原より前にテンパイしていたが、アガリの可能性を最大限に追ってリーチをかけなかった魚谷。

熱い想いをダマテンでおさえきって、アガリを射止めた。

勝負手をひっさげ、何度もぶつかっていった瑞原。この日は最後の一牌が遠かった。

続く南3局1本場、16巡目、黒沢の手牌は、

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!