小林剛、驚異の5和了・0放銃!! 最下位を回避して、小林は個人2位に!!

小林剛、

驚異の5和了・0放銃!!

最下位を回避して、

小林は個人2位に!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕19日目、第2戦は小林剛(U−NEXT Pirates)が、トップを獲得。小林が開局から5局連続加点する猛ダッシュを決めて、追随を許さない逃げ切りトップ。1戦目の瑞原のラスを帳消しにしてお釣りの来る大トップで、チームは最下位をのがれて小林は個人成績2位に浮上した。

第2戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未渋谷ABEMAS日向藍子TEAM雷電萩原聖人、そして小林の4名。

先制したのは、サウスポーにチェンジした北家の小林。ドラが雀頭のカン待ちを切りのリーチで誘う。終盤にを掴んでしまった親の萩原が、テンパイキープでツモ切ってしまい8000点の放銃。

次局も小林は、ドラのをポンしてあっさりツモアガリ。連続マンガンで小林がリードを築く。

東4局1本場、親を迎えた小林はリーチ・一発・の7700点を魚谷から直撃。なんと小林がノーテン罰符の収入も含め、4局連続加点に成功。

同2本場、魚谷のリーチに対抗して喰いタンヤオで仕掛けた小林。手詰まった萩原から1500点とリーチ棒をさらに上乗せ。

さらに3本場、小林はをポンしてドラが雀頭のマンガンを狙う。そこに萩原が起死回生の待ちリーチをかけると、日向が追いかける。結果、日向がを掴んでピンフ・赤1の3900点を放銃。

南1局、トップ目小林が赤入りの待ちリーチをハイテイでツモアガリ。さらにマンガンを加点し、6万点オーバーに。

南2局はラス目だった魚谷が、萩原のリーチに競り勝ってホンイツ・ドラ1の親マンガンをツモアガリ。魚谷が一気に2番手に浮上する。

同1本場は、魚谷・日向・萩原の3軒リーチ。各者の勝負手がぶつかりあう。結果は日向が萩原に放銃。リーチ・一発・ドラ2の8000点で、萩原が魚谷を追う。

オーラスは、日向のリーチが空振って萩原との2人テンパイで流局、試合終了となった。

小林はインタビューで、

「相変わらず大変なときに僕がトップを取るという展開が続いていますが、とりあえず良かったですね。トップを取りましたが、まだチームでは3回しかトップを取ってませんが、ウチはトップにはこだわらずコツコツと積み上げていきますので、このあとも期待してください」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 5万7600点/+77.6
2着 魚谷侑未・フェニックス 2万3500点/+3.5
3着 萩原聖人・雷電 1万9500点/▲20.5
4着 日向藍子・ABEMAS ▲600点/▲60.6

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +342.3(18/90)
2位 EX風林火山 +250.6(18/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ ▲56.5(18/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲62.1(20/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲74.1(20/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲92.5(18/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲117.4(20/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲190.3(20/90)

「大和証券Mリーグ2020 Pirates vsフェニックスvsABEMASvs雷電」

詳細情報
U-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
11月5日の対戦はU-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!