VTuber千羽黒乃の麻雀講座【第8回】「チートイ? トイトイ? 対子手と上手に付き合うのじゃ!」

やっほーーい! 儂じゃよー!
今日も元気に3000・6000! バーチャル鴉天狗の千羽黒乃(せんばくろの)じゃ! 今週もキンマwebをご覧の皆様と、一緒に麻雀のお勉強をしていくのじゃ!
前回は「安全牌の探し方」についてお話ししたのじゃ。すぐに使える「ベタオリ」の基本テクニック! 放銃率を下げたい! という方にはぜひぜひ読んでほしい内容じゃ!

まだ読んでいない方はぜひぜひチェックじゃ!

さてさて、私事ながら一つご報告があるのじゃ!
このたび、儂のモデルがリニューアルされたのじゃ!

これまでも立ち絵イラストを描いて下さっていたふんぼ先生の手による、とっても可愛くて素敵なNewモデルじゃ!
立ち姿の美麗さもさることながら、動きも実に豊かで多彩! キュートすぎる仕上がりになってるのじゃ。
ぜひぜひ一度、動いてるところを観に来てくれると嬉しいのじゃー🙏💞!

→【新モデルお披露目】おや、千羽黒乃の様子が……!?【バーチャルYoutuber】

さてさて、今日のテーマは! トイツがいっぱいのときの打ち方じゃ!
面子手かな? チートイツかな? それともトイトイかな?
迷ってしまうような手牌の考え方についてお話していくのじゃ!

面子手にもチートイにも行けそうなときは!

面子手にもチートイにも行けそうというのは、たとえば

 (東1局6巡目南家 ドラ

こんな形じゃ!

面子手とは「4面子1雀頭を作る、一般的なアガり形」のこと。
対してチートイツとは「トイツ7つを作る役」じゃ。

この手牌は面子手としてもチートイツとしても一向聴、さて何を切るのが良いのかのう? 一緒に考えてみるのじゃ!

候補は2つ、じゃな!
まず打。こちらは5トイツを維持し、チートイツも面子手も両方逃さないようにする選択。「両天秤」なんて呼ばれることもある打ち方じゃ。
対して打チートイツの受けがなくなるかわりに、面子手としての受け若干広くなる打ち方じゃ。

まずはそれぞれの受け入れ枚数を比べてみるのじゃ!

の場合…の6種17牌
の場合…の5種15牌

と、チートイツの目があるぶん僅かに打の方が勝っているのじゃ!
「じゃあ面子手もチートイツも、どちらも逃さない打ち方が良いんだ!」と思ってしまうかもしれないけど…それはちょいとばかし早計じゃ!

この手、仮に七対子を聴牌したとするとこんな形になるのじゃが…

果たして、この単騎(もしくは単騎)の聴牌はどれくらい和了れるのじゃろう? リーチをかけるためにはもっと良い単騎になる牌を引いてくるまで待つ、という方がきっと多いと思うのじゃ。

ここで一つ大事な事を言うのじゃ。それは「麻雀は聴牌を目指すゲームではなく、その先の和了を目指すゲームだということ」じゃ!

そのためには単純に「聴牌する受け入れ」を数えるのではなく、「好形聴牌になる受け入れ」を数えることを覚えてほしいのじゃ。
そこで改めて、今度は「好形聴牌(リャンメン、もしくはシャンポン)になる受け入れ枚数」を比較してみると!

の場合…の4種11牌
の場合…の5種15牌

となるのじゃ!
どうじゃ? さきほどと優劣が逆転しているのに気づいたのじゃ?
「単純な聴牌への枚数ではチートイツの目があるぶん僅かに打の方が勝っていたものの、そのいずれも単騎聴牌にしかならない! そのため、好形聴牌になる枚数だけを数えた時には不利になってしまう」
というのが儂の伝えたかったことじゃ。

チートイツは「必ず単騎待ちになってしまう」ことと、面子手との両天秤で進めると、「聴牌してもすぐにリーチをかけづらい(良い待ちの単騎になっていないことが多い)」こと。
この2つの理由から、面子手にもチートイツにも行けそうなときは面子手だけに絞った方がアガりやすい!

というのを、まずは覚えておいて欲しいのじゃ✨!

チートイツはこんな役じゃ!

では「どんな時にチートイツを狙うの?」という疑問をお持ちの方もいらっしゃるじゃろう!
チートイツという手は基本的に「敗者復活戦」みたいな役じゃ。

「順子手でのアガりは苦しそうだけど、上手く行けばチートイツでの聴牌くらいはできるかも…」といった時に、狙うのが良いじゃろう! あるいは「どうしても切れないドラや字牌があり、手の中で使い切るために(なかばオリ気味に)狙う」というのもよくあるケースじゃ。

チートイツは一向聴から聴牌への受け入れが3種と狭く、聴牌しても必ず単騎待ちになるためめくり合いにも弱い役。「積極的に攻めるため」ではなく、「チートイツ以外の和了が狙えない時に、仕方なく狙う」くらいの意識が無難なのじゃ!

具体的には、中盤でこれくらいの

(東1局6巡目南家 ドラ

「面子手での聴牌が相当苦しそうなとき」に狙ってみるのがおすすめじゃ!

チートイ? トイトイ? これでもう悩まないのじゃ!

そして、対子がいっぱいあると対々和に向かいたくなる方もいらっしゃるじゃろう! その基準についてもお話するのじゃ!

まずは復習じゃよ! 「(シュンツを軸とした)面子手にもチートイツ(又はトイトイ)にも行けそうなときは、面子手だけに決めた方が最終形が良くなりアガりやすい」という事が大前提。

すなわちチートイツトイトイを目指すのは面子手に向かうには少々苦しい形、具体的には「序~中盤に0面子4トイツ」という手牌になっていることが一つの基準じゃ。

たとえば

こんな手だったり

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • 麻雀店検索サイト