勝又健志、ABEMASを差し切りフィニッシュ! 女神と死神が卓上で交差するシーソーゲームを制す【Mリーグ2020ファイナル観戦記5/14】担当記者:渡邊浩史郎

勝又健志、ABEMAS

差し切りフィニッシュ!

女神と死神が卓上で交差する

シーソーゲームを制す

文・渡邊浩史郎【金曜担当ライター】2021年5月14日

ファイナルシリーズも後半戦に突入した。

風林火山の逆襲やABEMAS包囲網によってポイントはここまで動いた。そして本日の結果次第では風林火山、ドリブンズの優勝の芽が事実上消える可能性がある。まさに後半戦のスタートというにふさわしい天下分け目の一戦となる。

5月14日 1回戦

東家 堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ

南家 勝又健志EX風林火山

西家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

北家 日向藍子渋谷ABEMAS

【東1局】

昨日のABEMAS連ラスを受けての登板となった日向。ここからフラットな気持ちで打つと宣言通り、自分の信じた待ちでリーチに踏み切る。

そして自身の好調のままにこれをツモ!ハネマンのアガリを堀に親被らせる最高のスタートを切る!

続く【東2局】ではたろうのリーチに一旦は受けるもすぐに復活。たろうから【赤5マン】の出アガリでマンガン。一気に46000点まで浮上する。

【東3局】

この局先制でリーチが入ったのはドラ暗刻の勝又。

即座に親のたろうから負けなしの三面張が入るも、勝ったのは勝又。一発ツモでハネマンのアガリ。ABEMASの独走を許さない。

【東4局】

この局の勝負手はたろう。タンピン赤赤ドラの手、ここはチーム状況的にも大きくツモってトップを狙いに行きたい。自身の目から【4ピン】が4枚見えということもあり、リーチで攻めていく。

これを受けた堀も聴牌。ここは【中】の暗刻のほうを切ってリーチに踏み切る。打点よりもラス目のリーチに自身から5枚見えの【1ピン】【4ピン】で振り込むリスクを嫌った形だ。

これに勝ったのはたろう!裏こそ乗らないものの、12000の大きな加点だ!

ここまで東場を終えて、アガリは12000、8000、12000、12000とまるでファイナルを象徴するかのような荒れっぷり。勝負は南場に持ち越された。

【南1局】

ここまで我慢の連続だった堀にようやくの先制リーチ。タンピンドラ高めイーペーコーの勝負手だ。

このリーチに困ったのが日向。現物がなくワンチャンスなどで凌いでいたがついに何もなくなった。

ここは宣言牌の跨ぎとはいえ、単純両面にしかあたらない【2マン】を切った。【1マン】【3マン】の切り出しのリーチではあるが、その間にツモ切られている【6ピン】が安全牌ではないため、単純にカンチャン落としの可能性も十分にあると見ての判断だ。

安牌が増えないまま、持ってきたのはドラの【4ソウ】。これでピンズさえ切れれば清一色ドラ4のイーシャンテン。通ってない筋は9種類、安牌は無し、こうなってしまっては……

【5ピン】切りもやむを得ないだろう。まだ形になっていない段階で手詰まれば安目の【1ソウ】や2枚あって愚形に振らない【9ソウ】での放銃回避もあり得ただけに、ABEMASにとっては不幸の放銃となってしまった。

これで点棒はほぼ振り出し。まるでこれまでのファイナルシーズンの走馬灯を見ているような展開だ。

【南3局】

親番たろうが三色赤ドラのイーシャンテン。ここから打ち出した【6マン】を……

堀がポン!見た目は【白】【南】のバック、1000点の手牌だが、堀が見据えているのはトイトイホンイツだろう。この点棒状況では早い安いアガリよりも高打点でラス回避+ABEMASをラスにすることが優先だ。

【1ソウ】もポンして一応のイーシャンテン。打【中】としてトイトイ目一杯とはいかず、日向のリーチが来たとき等に躱せる保険も用意した。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!