多井隆晴を、ABEMASを捉えたサクラナイツ・内川幸太郎 愛すべき麻雀バカたちの戦いはいよいよ最終局面へ【Mリーグ2020ファイナル観戦記5/14】担当記者:東川亮

多井隆晴を、ABEMASを捉えたサクラナイツ・内川幸太郎 愛すべき麻雀バカたちの戦いはいよいよ最終局面へ

文・東川亮【金曜担当ライター】2021年5月14日

朝日新聞Mリーグ2020ファイナルシリーズは、全12戦の2/3を消化する。

現状、渋谷ABEMASが半歩抜け出している状況だが、KADOKAWAサクラナイツをはじめ、各チームもまだまだ優勝を諦めるスコアではない。

全ての戦いが正念場、8戦目となる5/14の第2回戦も、そうそうたるメンバーがそろった。

5月14日 第2回戦

東家:園田賢赤坂ドリブンズ

南家:滝沢和典EX風林火山

西家:多井隆晴渋谷ABEMAS

北家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ 

小場で進んでいた東3局1本場

5巡目に滝沢が【中】を仕掛けた。

巡目が早く、一色手も見られる手格好だったが、滝沢は【2ピン】を切ってストレートにイーシャンテンを組む。

現状トップ目とは言えリードはないようなもの、通常であればここはホンイツなどに仕上げて打点を作り、点差を広げたいと考える打ち手が多いように思う。

しかしこの局で最悪なのは、親の多井に連荘される、あるいは大きなアガリを決められてしまうこと。

ただでさえ多井が点数を抱えてしまえば、それを剥ぎ取るのは困難を極める。

しかも、多井のABEMASは現状首位。

ここでトップを取られてしまえば、残り4戦での逆転優勝は非常に難しくなるだろう。

その状況を踏まえて、滝沢は打点ではなく、アガリへの最短ルートを見た。

チンイツに向かう多井に先んじて、滝沢が【中】のみ300-500をツモアガリ。

多井包囲網、渋谷ABEMAS包囲網。

そんな言葉が頭をよぎるが、多井とてそれを甘んじて受け入れるつもりはない。

東4局

多井は6巡目にテンパイするが、

【9マン】引きで三色が崩れての役なしドラなしカン【5ソウ】待ちは、最低クラスに悪い。

だが、それでも多井はこの手でリーチをかけた。

この段階で自身の目から【4ソウ】3枚見え【6ソウ】が2枚見えで、

比較的【5ソウ】が山にありそうだと見たか。

また、【6ソウ】【8ソウ】の切りだしでドラ【9ソウ】を持っていると相手に読まれそう、そして平たい点数状況から自身のリーチに押し返しにくいと読んだところもあったかもしれない。

これに対し、内川・園田は受け気味の進行。

だが、ドラドラ赤赤になっていた滝沢は粘る。

 

滝沢が【5ソウ】を重ねて【3ソウ】切り、

これを見て多井はこの表情。

自身の待ちが吸収されたと見たか。

結果は流局。

誰一人として一度も3万点を超えないまま、試合は南場へと向かう。

南1局2本場

最初に動いたのは園田、

【2マン】をカンチャンでチー。

他3者から見ると、中張牌の上目が多く切られていることから、123の三色やチャンタなどが手役の候補として考えられる。

多井の目からは、三色には絶対に必要になる【1ソウ】が4枚見えている。

【2ソウ】を引き、滝沢に合わせる形で場に3枚目の【1ソウ】を切る。

もし4枚目を通せれば三色が否定され、園田のアガリをかなりの割合で潰せそうだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!