多井隆晴を、ABEMASを捉えたサクラナイツ・内川幸太郎 愛すべき麻雀バカたちの戦いはいよいよ最終局面へ【Mリーグ2020ファイナル観戦記5/14】担当記者:東川亮

だが、次巡に園田が【1ピン】を手出し。

これを見て、多井は【1ソウ】を留めた。

だが、園田が場に見えていない【南】を引き、【6ピン】を手出し。

チャンタにも三色にも絡まず、もっと早めに処理されていてもおかしくない牌に見える。

ならば、まだテンパイではないのではないか。

多井はこのタイミングで【1マン】を引き入れてマンズのメンツが完成、すかさず【1ソウ】を切った。

これで園田の三色は完全に消えた。

アガリが厳しくなった園田は憮然とした表情。

多井はピンフ赤赤のテンパイを入れ、終局間際にツモ。

1300-2600(+2本場)のアガリで、トップ目に立つ。

 

南2局、南2局1本場はいずれも親の滝沢が早い巡目でリーチをかけるもアガれず、1人テンパイで流局。

園田・内川としては多井のトップは阻止したいだけに無理はせず、多井もおいそれと甘い牌を打たず、チャンスを伺う。

南2局2本場、多井がダブ【南】ポンから仕掛けて膠着状態を打破しに動いた。

園田も【北】ポン、ここは最速でのアガリに向う。

2本場と供託2000点、接戦の点数状況を考えれば、アガリの価値はかなり大きくなっている。

しかし、この局は内川の手が良かった。

多井の3副露【2マン】単騎テンパイに対し、

超十分形のイーシャンテンから【6ソウ】【9ソウ】待ちテンパイを入れ、リーチをぶつける。

こうなると、困ったのが多井だ。

速度での押し切る前に反撃を受け、手牌はわずか4枚。

現物は【8ピン】があるが、抜けば手を崩さなければならず、抜いたところで最後まで耐えられるか分からない。

リーチを受けて、最初のツモは【5ソウ】

もちろんここで【8ピン】を抜く選択もあった。

しかし、多井の判断は自身の【4マン】ポンでワンチャンスになっている【2マン】を打ってのテンパイ維持。

一縷の望みに懸ける。

 

さらに【6ソウ】引き。

危険牌であり、実際にこれは内川のロン牌。

思わず表情をゆがめる多井。

さすがにオリかと思われたが・・・。

長考の末、多井の選択は粘りの【5ソウ】切り。

【5ソウ】【6ソウ】

どのような比較があったのかは筆者には想像もできないが、多井なりの読みがあったのだろう。

多井の押しに、内川は脅威を感じていたはずだ。

だから、アガリ牌が自らの元にきたときは、思わず力が入ったように見えた。

安目ツモで裏ドラは乗らず、打点こそ1000-2000(+2本場)とそれほど大きくはないが、非常に大きな価値を持つアガリだ。

だが、多井もこのままでは終わらない。

南3局、巧みに牌を残してチートイツ【8マン】待ちでリーチ。

自身で【5マン】を切っていてスジになっており、山にも残り2枚。

かなり感触のあるリーチだったはずだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!