堀慎吾、バイマン一発の大逆転!! ABEMASをラスに沈め、ついに首位に並ぶ!!

堀慎吾、

バイマン一発の大逆転!!

ABEMASをラスに沈め、

ついに首位に並ぶ!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のファイナル3日目、第2戦は堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。先行する松本を、南1局に堀が一発・ウラ3のバイマンで逆転。村上が松本からハネマンを仕留めてラスに沈めると、滝沢がすかさずノミ手で試合を終わらせる。完璧な「ABEMAS包囲網」で、まずはサクラナイツが首位に肩を並べた。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳EX風林火山滝沢和典渋谷ABEMAS松本吉弘、そして堀の4名。

序盤は松本の速攻が光った。東1局は滝沢から、【東】【西】・赤1の3900点、東2局は堀から【南】・ドラ1・赤1の3900点を仕留めて、松本がリードを築く。

戦局がガラリと動いたのは、南1局1本場。

後のない親番のドリブンズ・村上が、赤1の手を2巡目にリーチ。待ちはカン【7ソウ】。その【7ソウ】をアンコにしたのが堀。自風の【北】もアンコであわや四暗刻かと思われたが、9巡目に【2ピン】【5ピン】待ちの高めイーペーコーでテンパイすると即リーチ。親リーチに真っ向勝負を挑む。

結果は、堀が高め【2ピン】を一発ツモ。さらにウラドラが【北】。4000・8000で一気に堀が松本をまくってしまった。

痛恨の親被りで、ラスに落とされたのが村上。その村上は、南3局2本場に起死回生のリーチを放つ。ピンフ・789サンショク・ドラ1の【2ピン】【5ピン】待ち。

これに真っ向挑んだのが、親の松本。村上のアタリ牌【5ピン】を引き込んでテンパイ、ピンフ【3マン】【6マン】待ちで追いかける。

しかし、松本の一発目のツモは【赤5ピン】。12000点の放銃で、松本はラスに転落。村上は2着目に浮上する。

ABEMASのラス目は、他三者が最も歓迎するところ。

オーラスは、滝沢がピンフのみの1000点を堀からアガって試合終了。

堀がサクラナイツにファイナル初勝利をもたらし、首位ABEMASに7.8ポイント差にまで詰め寄った。

堀はインタビューでは、シンプルに

「うれしいです」

と語った。
また、残り6戦の意気込みとして、

「これからも気を引き締めて、必ず優勝するような気持ちでがんばりますので、引き続き応援よろしくお願いします」

と述べ、頭を垂れた。

▲堀が”珠玉の一局”に指定した村上のハネマン

【Result】
1着 堀慎吾サクラナイツ 3万8900点/+58.9
2着 村上淳・ドリブンズ 2万8000点/+8.0
3着 滝沢和典・風林火山 1万7500点/▲22.5
4着 松本吉弘・ABEMAS 1万5600点/▲44.4

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +230.5(6/12)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +222.7(6/12)
3位 EX風林火山 +21.0(6/12)
4位 赤坂ドリブンズ ▲86.5(6/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部
6位 TEAM RAIDEN/雷電
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 ファイナルシリーズ3日目」

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 ファイナルシリーズ」
5月13日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvs渋谷ABEMAS

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
渋谷ABEMAS
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!