勝又健志、ABEMASを差し切りフィニッシュ! 女神と死神が卓上で交差するシーソーゲームを制す【Mリーグ2020ファイナル観戦記5/14】担当記者:渡邊浩史郎

この形になって三枚切れの【2マン】切り。トイトイ効率と、下家の勝又への受けもあるだろうか。

そして見事にトイトイ聴牌。このマンガンの手、上がればオーラス全員集合になるところだが……

ここはすんでのところでたろうが躱す!2000オールのアガリで勝又に500点差まで詰め寄る。

しかし【南3局1本場】今度は日向が待ったをかける、紫電一閃一発ツモの2100、4100で再びのトップに返り咲く。

【南4局】

上三人が競り合ったオーラス。

ここで手牌を入れてきたのは勝又。簡単に条件を満たしそうなこの手。

しかし親の日向も二巡目のツモでドラの【南】を引き入れる。真っ向勝負の大一番だ。

【8マン】ポン、【中】アンカンで条件を満たした勝又。後はくっつきのイーシャンテンだが……

そこにたろうも参戦。この形からドラの【南】を手放すと……

待ってましたと日向がポン!こちらはかなり広いイーシャンテンだ!

最初に聴牌を入れたのは勝又!

しかしすぐに日向も聴牌。

運命の女神と死神が卓上をぐるぐる回っているかのようなシーソーゲーム。

決着は……

たろうの宣言牌を捉えた勝又だ!!70符2翻、4500のアガリで見事にトップを獲得した。

これで風林火山はファイナル4勝目、いよいよ優勝の頂がその目に見えてきた。反対に苦境に立たされたのはドリブンズ、残り5戦で300ポイント近くを叩かなければならない。

ついに四日後にはMリーグの頂上に立つチームが決まる。その頂には何色の旗が揺らめくことだろう。

おまけ

EX風林火山様主催のドラフト会議指名選手決定オーディションに参加します!観戦記ライターとしてMリーグを見てきたその経験を存分に生かしていきたいです!応援よろしくお願いいたします!

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!