事実は小説より奇なり!宮内が画いた強烈なオーラス 麻雀最強戦2020「著名人超頭脳決戦」観戦記【決勝卓】

なんとここでもを切らずに打! 徹底的にホンイツをぼかす。

香川としてはこの宮内のを引き出したいが為に字牌の先切りを積極的にしたのだが、宮内はこのをきっちりと止めてソウズのリャンメンを落とす。

まったく隙が無い闘牌に見える。

香川がチー!

まったく字牌が出てこず、3段目まで来てようやくの妥協。これでも発でアガれれば8000もある強烈な手牌だ。

ここで親番の須貝が聴牌即リーチ!


マンズの香川の手も凄く怖いが、自身はリャンメンの待ちでドラ1内蔵の手。宮内を追いかける立場としてこれ以上怖がってはいられない。

このリーチに香川が一発目にを掴み放銃。


リーチ一発ドラ1の7700! 宮内はまだ1万点ほどリードしているがもどかしかろう。

須貝や広瀬を突き放したいが中々手が来ない。

東4局 1本場 ドラ

須貝が面白い鳴きを魅せる。をポン!


。中々このをポンできる打ち手はいない。鳴く前はカンのイーシャンテンだ。

は引けると思いはポンせずにカンで一発裏ドラを欲しさにリーチに行くのが普通だ。

しかし、このを鳴けば聴牌はほぼ確実にする。須貝はリーチもとても好きな打ち手だが、大前提としてアガるのが好きな打ち手なんだと感じた。


須貝は見事に聴牌をはたしてこれをツモアガリ!

ドラ1の1000オール!もう宮内の背中がすぐ側まで見えてきた。

続く2本場では須貝は即リーチを打つと

このカンを見事ツモアガリ!2000は2200オール!東1局で跳満をアガった宮内をもう逆転。これだから麻雀は分からない。

そして流局を含み場は静かに流れて南3局。

まずは須貝が先制リーチ!

一応はトップ目とはいえ、リードは微々たるもの。この程度の差ではオーラス伏せて終われない。ここでリーチを打ってツモれば2着目との宮内との差を4000点差に出来るこれは大きい。

これに親番の広瀬が追いつき追っかけリーチ!

このまま須貝がアガってオーラスの進めば広瀬にはかなりきつい条件が付きつけられる。ここで降りる事は許されず、勝負を仕掛ける。

。互いに牌は生きていたが、先に相手の当たり牌を掴んだのは…。

なんと須貝がを掴み、広瀬にリーチドラドラの7700の放銃!トップ目から3着目にまで落ちてしまった。

そんな広瀬の親番も宮内が見事サバき切って

この3900をアガリ切って、1000点リードしてオーラスを迎えた。

南4局 ドラ

須貝が今回何度も見せた親番での即リーチ!

カン待ちの即リーチだ。

を切ってマンズの4連係を活かす打ち手も多いだろうし、実際実況の日吉は絶対にを切ると言っていた。

だけれど私は須貝ならばこれは即リーチしかありえないな。と感じた。これを即リーチしないのならば、今までの聴牌即リー戦法が無駄になってしまう気がするからだ。

須貝はこれをトップ目の宮内から捕らえて3900の出アガリ。今日何回こういう須貝のアガリを見たか分からない。凄く良いアガリ形だ。

続く一本場。須貝はとても厳しい手牌を貰った。

「これはノーテンまでありうるぞ…」

と私が思っていると、須貝はその手をじわじわと育てていき、

これがの変則三面張の聴牌となったのだ。

あれほど酷い手牌だったのに須貝が聴牌一番乗りを果たし、

これを流局間近にツモアガリ!

リーチツモドラドラの4000オール!ついにリーチ攻撃が実を結ぶ。

これで須貝は手牌を伏せてもよく、広瀬には1300-2600のツモアガリと、宮内にはマンガンツモという難しい条件を突き付けられた。

オーラス 2本場

ドラマは起こった。なんとマンガンツモ条件の宮内に、

国士無双聴牌!待ちの聴牌が入ったのだ!

しかしこのは場に1枚切れで香川が3枚持っていてジュンから。

山にない牌だったが、広瀬もきっかり条件を作ってきてリーチ!

 ピンフ一盃口のリーチ!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!